英語スクリプトとともに嗜むおもしろ動画 in English!

英語を動画で勉強したいと思う人!ニュースやスピーチなど、堅い動画だけじゃ疲れませんか?面白い、笑える動画なら、何回見ても楽しめます。同じ動画を何回も見れば、もっと効果的に英語を学べます。このブログは字幕のついていないYouTube動画でも、勉強に活用できるように、何回も見たくなるような面白動画をトランスクリプトとともにアップ+毎回本当に使える表現を紹介していきたいと思います!スクリプトを活用して英語力アップしましょう!

今回は、イギリスのコメディアン、Michael McIntyreのスタンダップコメディを紹介したいと思います。
海外でのライブショーツアーを本格的にやり始めたマイケルですが、どうやら北欧はノルウェーで大人気らしいのです。そこで、ノルウェーでのショーのために、初めて北欧に足を踏み入れたその夜、ミニマリストなホテルに泊まったときの話です。

★この動画の単語★
minimalist:ミニマリスト、極力モノを持たない主義の人
loo:トイレ(イギリス英語)
tap:蛇口
maintenance: call maintenance:ホテルなどで、設備の修理を頼む
unbeknownst:知られずに 
unbeknownst to ~:~の知らないうちに、~のあずかり知らぬところで
mental:頭がおかしい 


Michael:
...been to Scandinavia before.
The hotel was just all minimalist, you know.
Everything was just what you needed.
You know, just a bed, and the sink...but it was good because normally hotels can get confusing now.
You never know where the light switch is for stuff.
They have these sensor lights now.
When you go into the bathroom and it just comes on, and you think, "Oh, that's good," but then when you are on the loo, it goes off, and you have to try and get it back on.
It had been for so long since I stayed at a hotel that just had a normal tap that you turn on and turn off, so I couldn't work the tap.
I'm in this hotel room in Oslo, trying to get water....
And I called maintenance, and the guy just came up and went, "You do this, you do that. Idiot."
So I was very happy to be in this quite simple hotel room in Norway.
And what I really liked was just one switch, one master switch next to the door that controls the whole room.
"This is easy," 'cause normally you know you've got to find the switch for different sections of the hotel room.
Then the lamps, next to bed, you know, you don't have it on the neck. You know, put the figure in the neck. Or Is it on the wire? Or the neck, is it the neck? or the wire? And after about 20 minutes, "Oh it's the stampy one. It's the stampy one." 
So I was thrilled that just one light turned everything off. One switch turned everything off. 
This was after my gig. I'd had a couple of drinks and it was late. And I thought, "I'll just switch that off," obviously bed time, and it's hard to get back to bed now because it's dark. I'm doing my walk when you're expecting to hit something.
So I got into my bed and unbeknownst to me, for I had no idea why this was there, there was a switch behind the pillow that also controls the same lights.
So I lay in the bed, and then all the lights in the room went on.    
I thought somebody had come in.
"Hello? Hello? Is there somebody there? Hello? Oh, that's very peculiar." 
So I went over there, turned the light off. Dark again. Then I go slowly back to bed.
Got myself in and lay.
Then as soon as my head hit the pillow, the lights went back on.
"What on earth is going on?"
So I marched back quite quickly.
I convinced myself it was some kind of sensor, so this time I was very very careful.
Slowly got to the bed and nothing happened. I was like, "Oh this is fine." I rolled over. CLICK! The light went on again.
So I phoned maintenance. 
Now bear in mind, this man, mantenance, already thinks I'm completely mental as a person.
So I called him, and I'm lying there now in the light.
There's knock on the door. I go, "Thank you. Thank you for coming."
He said, "Is it taps, again?"
"No, the taps are fine. Watch this. The lights keep going on, and I don't know why. There's something wrong. After a certain amount of time, they just go on. I'm gonna show you, alright?" 
So I turned the light off. Now I'm standing in the dark, with this Norwegian man.
"Follow me. Come with me." And I'm holding him a bit.
"Come on. Come with me."
"Alright. Are you there?"
"Yes..?"
"Just stand there. I'm just gonna get into the bed, OK?"
I lay in the bed, and just nothing happened. I'm just lying.
I'm lying in the dark.
And he just stood there and went, "Please let me go."
"Alright, go!"
He went and he was knocking over the furniture.
He made his way out of the door, in the dark.
I rolled over, and the lights went on!

 音声のみの再生


I couldn't work the tap. 

"work"みたいな単純な単語ほど、数え切れないほどいろんな意味を持っています。

The tap is not working. 蛇口が故障している。

上のような例文では、workは「動く、機能する」という意味の自動詞。
でも、Michaelのセリフでは、他動詞です。

ミリアム・ウェブスターという辞書で"work"を調べると、full definitionの項目に、他動詞workの意味がずらずらっと10個くらい書いてあるのですが、この場合は、4の意味にあたります。

"4. to set or keep in motion, operation, or activity :  cause to operate or produce 
<a pumpworked by hand> <work farmland>."

つまり、おおざっぱに言うと、「機能させる、動かす」という感じですね。

ですので、マイケルは、蛇口をうまく機能させる、つまり「使うことができなかった」という意味になるわけです。

ちなみに、ミリアム・ウェブスターは、おのおのの単語について、まずsimple definitionを挙げて、その下にfull definitionをつけており、ほかのどの辞書よりもきっちりと単語の意味を理解できるので、おすすめです。


ベッドサイドランプ

日本の製品ではタッチライトが多いでしょうか。
海外で見かけるベッドサイドランプって、つけ方がわからないことが時々あります。
とくに、年配の方がやっているB&Bに宿泊したりすると、ありますね。
電球の下のneck部分にスイッチがあるタイプと、コードにスイッチがついてるタイプが一般的だと思うのですが、ものすごいアンティークな、というか古いベッドサイドランプに出くわしたことがあって、ほんとにマイケルのあるあるネタ通りのシチュエーションになったことあります(笑)
ネックにもない!コードにもスイッチがない!もう、めんどうなのでコンセント自体を抜いて消したんですが、あれは足でスイッチを踏むstampy oneだったのですかね?謎です・・。


★日本語訳★
北欧には初めて行ったんだけど、ホテルがとってもミニマリストなのね。もう必要最低限のものしかないわけ。ベッドに、洗面台・・・ていうのはいいことだと思うんだ。最近のホテルはわけわかんないからね。ライトのスイッチがどこがどれなのかわからなかったり。
あと、今センサーライトが多いでしょ。バスルームに行くと、勝手につく。「ああ、いいじゃない」と思っていると、トイレに座ってる間に消えちゃう。それでまたライトをつけようとして・・こうやって・・。
水道の蛇口も、普通に回して水を出すタイプのがあるホテルに久しく泊まってなかったから、もう使い方がわからない。オスロのホテルで、水を出そうとして、こうやって・・・。
結局、メンテナンスの人に来てもらったんだけど、入って来て「出すときはこう!止めるのはこう!あほちゃう・・」って感じだった。
まあとにかく、このノルウェーのホテルはシンプルで快適だったわけだけど、これはいいなと思ったのが、スイッチが一個だけ。ドア横にある一個のマスタースイッチで部屋の電気を全部コントロールできるんだ。
「これは楽だな」だって、ホテルって割と部屋の部分ごとにスイッチがあるでしょ。
あとベッドサイドランプね。ネックにスイッチがあるのかと思いきや、ない。指を入れてみて、ないなと。じゃあ、コードについてるの?ネック?コード?どっち?そんで20分後に「足でスイッチ踏むんかい!」
だから、一個のスイッチで全部消えるのは最高だと思った。
それで、その時はショー終わりで、ちょっとお酒も入ってた。もう遅いから寝ようと思って、「さて電気消すか」って。で、ベッドまで戻るのが大変なんだよ。そこは暗闇だから。ものにぶつかることを予期した足取りで、僕はベッドに戻った。
それで、僕のあずかり知らぬところで、というかほんとになぜそんなところにって思うんだけど、枕の後ろに同じライトのスイッチがあったの。 
僕はベッドに横になった。部屋中のライトが全部点いた。
誰かが入ってきたのかと思った。
「すいません?誰かいるんですか?おかしいな。」
また電気を消しに行った。また暗闇だ。ベッドまでゆっくり戻って横になる。 
頭が枕についた瞬間にまた電気が全部点く。
「どうなってるんだよお」
ずんずん歩いてまた消しに行って、今度はセンサーで点くのだと思った僕はものすごい警戒しながらベッドに戻った。ゆっくりベッドに入って横になると、今度は大丈夫だった。「ああよかった」と寝返りを打ったら、電気が全部点いた。
それでメンテナンスを呼んだんだ。
思い出してね、このメンテナンスの男性は、僕が頭のおかしい人だとすでに思ってる。
メンテナンスを呼んで、僕は煌々とした明かりの下、寝転んで待っていた。
ドアをノックする音。「わざわざありがとう。」と迎え入れる僕。
「何、また蛇口?」とおじさん。
「蛇口は大丈夫です。あの、電気がどうしても点いちゃうんです。故障だと思うんだ。消して、ちょっとするとまた点いちゃうんです。見ててください。」 
と言って僕は電気を消す。僕はこのノルウェー人の男性と暗闇のなかで立っているという状況。
「ついて来て、僕について来て」ちょっとおじさんの袖を引っ張りながら、「ちょっとついてきて」って。
「よし。・・いる?」
「ハイ・・」
「ちょっとそこに立ってて。僕、ベッドに入るから。」
ベッドに入って横になる。何事も起きない。僕は寝てるだけ。
暗闇のなかで。
そこに立ってる彼は「お願いです。帰してください。」
「もう行っていいよ」と僕。
彼は家具をなぎ倒しながら出て行った。
暗闇の中、ドアを開けて走り去った。
僕は寝返りを打つ。そしたら電気が全部点いた!


それでは、また!

 

ジェニファーローレンスの手にタトゥーがあるのをご存知でしたか?
NEWS.COM.auのこの記事に拡大写真があるので見ていただきたいんですが、タトゥーというよりも赤ペンでメモッたみたいな感じになっています。
タトゥーの目的も「水分補給を忘れがちなので、思い出せるように」というメモ書きそのものの理由なんですが、そのタトゥー、文字にするとこうなります。

H²O

・・・なんかおかしいの気付かれましたか?

水を表す化学式はH₂Oです。

つまり2の位置が違う!

「ハンガーゲーム」の共演者、Liam Hemsworth(リアム・ヘムズワース)とJosh Hutcherson (ジョッシュ・ハッチャ―ソン)にそそのかされて入れたタトゥーなのだそうですが、ちょっと失敗してしまいましたね・・。

★動画の内容★
Conan O'Brienが司会のトークショー「CONAN」にて。初めてのタトゥーなのに痛い失敗をしてしまったジェニファーが、コナンにその経緯を語ります。さらに、話題はハンガーゲーム共演者のLiam Hemsworth(リアム・ヘムズワース)に。ジェニファーにBear(熊)というニックネームをつけられたリアムと、兄のクリス・ヘムズワースの荒々しい所業を明らかに。

★この動画の単語★
faint(形):(色が)淡い
uneducated(形):無学の、教育を受けていない
squared:2乗  
cussword: curse word: 汚い言葉
bail(自動)(俗):ばっくれる
scab(名):かさぶた
bust on someone:~を攻撃する
intense(形):強烈な、気性が荒い
tear at~:~を引きちぎろうとする、引き裂きにかかる 
vegan:ヴィーガン(動物性のものを食べないベジタリアンの人) 



Conan: You have a tatoo on your hand but it's really super faint. It's barely...I wasn't even sure. Is it like a tatoo or like a bug bite?
Jennifer: It's a fleck of dirt. It's just to remind me to drink more water but I have "I'm stupid" tatooed on my hand permanently.
Conan: Why's that?
Jennifer: 'cause they are wrong. The 2...
Conan: Oh it's an H2O?
Jennifer: Yeah but it's H squared. I didn't go to school. I'm a complete uneducated idiot.
Conan: So how did you, how did you find out how to write out H2O?
Jennifer: Josh told me.
Andy: Did you do it yourself?
Conan: Did you do it yourself?
Jennifer: No.I drew. I mixed the color 'cause I didn't...I'd never wanted to wear a tatoo so...This is actually Liam's...um, I can't even think of a not-cussword to call him. 
Conan: No, call him a cussword.
Jennifer: Well he's "Bear." So we were together after "Hunger games" and Josh was gonna come and meet up and we were getting...everybody was getting tatoos so I was like, "I don't want a get a tatoo." So I got it in the color of scar. I got it all wrong. And then Liam bailed and didn't get a tatoo. And Josh never got one either.
Conan: Wait, they said they were gonna get tatoos. "You go first" and they don't do it?
Jennifer: I'm the goose. Yeah.
Conan: That's ridiculous.
Jennifer: Josh didn't say that he would've done it. But he would've...if Bear had done it, they both would've done it.
Conan: Why do you call him Bear? Why do you call Liam Bear?
Jennifer: He is an animal. His whole family, they are real animals. 
Conan: All the Hemsworths are animals?
Jennifer: It's the craziest family I've ever been around in my life. The way that they communicate is so physical and crazy. It'd be like: "Hey man if you eat this scab, I'll give you five bucks." hummmmm.
Conan: They eat scabs?
Jennifer: They're disgusting! They're real bears. Animals. Bear.
Conan: So it's like I come from a family, some of us are big guys. We didn't eat scabs growing up, unless it's perfectly prepared.
Jennifer: Chris one time thought it was funny to bust in on his friend that was in the shower and cut his hair off.
Conan: That's a crime!
Jennifer: It's intense. Really intense. He's also just like (growl..) and eats and just like...Bear!
Conan: Is it hard to eat around him(Liam)? I bet he's just tearing it. Does he grab the meat off the middle of the table and just tear at it?
Jennifer: He used to. Now he's vegan, but I'm not cool with it.
Conan: Is he a vegan bear? That's ridiculous! That doesn't work.
Jennifer: I know it doesn't! I don't know.
Conan: Grrr. I mush have Tofurky!
Jennifer: It drives me crazy 'cause everytime we have dinner I'm like, "Oh you'll love this! You'll love this!" He's like, "I can't eat it." I'm like, "oh..." It sucks!
音声ファイル


I have "I'm stupid" tatooed on my hand permanently.
私の手には、「私はバカです」っていうタトゥーが永遠に刻まれてしまった。 

H₂Oのつもりが、"H squared" つまりHの2乗を刻み込んでしまったわけですね。

<乗法の言い方>
Xの2乗は、"X squared"
Xの3乗は、"X cubed"

それ以上の数字になると、たとえば・・・

Xの16乗は、
"X to the power of sixteen" または,
"X to the sixteenth power" より簡単に、
"X to the sixteen(th)" というふうに言います。

ちなみに、面積を表す平方メートルは、
16㎡:sixteen square meters
というふうに言います。

いろいろな意味を持つ"bail"

①保釈金
bail(名):保釈金(裁判が始まるまで、または裁判中に身柄を解放してもらうための補償金)
bail bondsとも言う。
Nicki Minaj is reported to have paid $100,000 bail bonds for her brother.
ニッキー・ミナージュは兄のために10万ドルの保釈金を支払った。

②保釈させる

bail out~(動):保釈金払って~保釈させる
Nicki bailed out her brother.
ニッキーは、兄を保釈させた。

③公的資金による救済
bail out(動):公的資金で救済する。
The government decided to bail out AIG.
政府はAIGを公的資金注入により救済することを決定した。 

bailout
(名):救済
$182 million AIG bail out
1.8兆ドルのAIG救済

④ばっくれる
I'm just gonna bail. This party is crap.
この飲み会、つまんねえから、俺ばっくれるわ。

***
いかがでしたか?
ヘムズワース兄弟は、小さいころオーストラリアの農場で育ち、お父さんが野生のバッファローをつかまえる仕事をしていたそうです(笑)バッファローは4、5人がかりでつかまえるものだということで、相当に荒々しい男たちに囲まれて暮らしていたのでしょう。クリスは雑誌Peopleの「最もセクシーな男性」に選ばれましたし、リアムもイケメンとして人気で、見た目的にはそんな荒さはまったく感じさせませんが、育つ環境というのは行動に大きな影響を与えます。少なくとも5ドルのためにかさぶたを食べちゃう人にはまったく見えませんよね(笑)

 リアムは現在ヴィーガン、つまり動物性のものを一切口にしないという食生活を送っているようですが、コナンの言ったTofurkyというのは、ベジタリアン用に豆腐や大豆で作ったニセモノのチキンやターキーといったお肉を使った冷凍食品のブランドです。TofuとTurkeyを合体させた名前なんですね。

それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

Jimmy Fallon(ジミー・ファロン)のThe Tonight Showでは、視聴者にハッシュタグでお題を出して集まったツイートの中からおもしろいものを番組で紹介するというHashtagsというコーナーがあります。

今回のお題は、
#WhyDidISayThat?
つまり、「なんでこんなこと言っちゃったの?」です。

それでは、動画をご覧ください。詳しい解説は下にあります。

Jimmy: Now I thought I'd share some of my favorite "#Why Did I Say That?" tweets from you guys. This first one is from @brigettecwarren. She says,
When I was a hostess at a restaurant I once said to a guest heading into the restroom "Enjoy!" 
Jimmy: "eh, Thank you."
Higgins: "I will!"
Jimmy: This next one is from @angelsteve89. He says,
Getting a haircut, barber asked me what I do for a living. I said "advertising, what about you?" He replied "I'm a barber."
Jimmy: That makes sense. That makes sense. This one is from @chelsy_alese. She says,
Forgod a guy's name so I asked how his name was spelled. He looked at me like I was crazy and said, "A.J."
Jimmy: "...I thought that J was silent."
Higgins: "A.Y.J.A.Y?"
Jimmy: Is the team still in there? Alright, good. There you go. eh This one is from @BaysSiegers. She says,
I asked the clerk, "Are these the stairs that go up?" He says, "Yes, if you at the top they go down too."
Jimmy: Crazy how stairs work.
Higgins: Technology.
Jimmy: This one is from...this one is funny...it's from @DougWalsh1. He says,
I'm a farm boy. When my wife was in labor, I said, "I'm not nervous. I've seen this a bunch of times with cows."
Higgins: Aww. Mistake.
Jimmy: "moo"d killer. "Moo"d killer in there.
Higgins: He should not have "uddered" that.
Jimmy: No! There he is. Retiring, Steve Higgins, everybody. Go play badminton. Oh he's back. He's back! 
Higgins: I'm back. Everyone was in a bad "moo"d.
Higgins: Oh it's rough out there. Nowhere to "hide". I milked that for all it's worth.
Jimmy: No you did not!
Jimmy: This one is from @WantPeaceforall. She says,
Guy at DMV asked for my phone number. I said, "You wish." He said, "It's for the paperwork."
Jimmy: "You think I'm cute?" ...This one is from @Koopgirl
Future hubby meets my parents. Dad pours him a foamy beer and apologizes. I say, "It's OK. Frank likes head."
Jimmy: This one is from @Hrbngr. He says, 
Job interview. Me: Hi, how are you? Interviewer: Great how are you? Me: I'm good. How are you?
Jimmy: When is this gonna end? 
Higgins: You're not hired.
Jimmy: This one's from @DROCK0708. He says,
Cop says, "Mind telling me why you were driving so close behind that car?" I replied, "Because I'm a jerk?"
Jimmy: Just being honest. "'cause I'm a jerk?" "Alright then, take care." This one is from um..oh this is great. He's a teacher. From @BenHerrick727. He says,
Teaching my 5th grade music class to play the A note on the recorder. I said, "When you see a new note, be sure to cover your A holes."
Jimmy: ..cover your A holes.. This last one is eh..cute. This is from @CheVersacee. She says,
I finally worked up the guts to speak to my crush. All that came out was, "You have cute nostrills."
Jimmy: There you have. Those are the Tonight Show Hashtags.
 

"Enjoy!"

海外でレストランに行ったことのある人は、聞いたことがあると思います。女性のウェイトレスさんに多いですが、できた料理をテーブルに持ってきて、去り際に"Enjoy!"と一声かけることがあります。このツイート主はたぶん、こんな会話だったのではないかと。
"Excuse me, where is the restroom?"
"It's over there right at the end of the room."
"Ok. Thank you."
"Enjoy!"
"...eh, thank you..."

名前が思い出せない時のライフハック

私は名前は一度聞いたら忘れないタチなのですが、それでも名前にかかわるトラブルはあって、たとえば・・
顔見知りの人でお互いに自己紹介するタイミングを逃しちゃったときに、「今さら名前聞けないわ・・」となるのが困るんですよね。そんなときに、私もこの質問をして切り抜けたことがあります。

"How do you spell your name?" 
  
でも、その時は相手がエジプト人で、なんとなくややこしそうな名前だなと想像付いたので(笑)、この質問も自然に切り出せましたけど、相手が白人の場合は、それこそA.J.とかKateとか誰でもわかる名前の可能性が高いので、そうするとかなり気まずい結果になるので、おすすめはできません。名前がややこしそうな国籍の人限定のライフハックですね(笑)

あとは名前がどうしても思い出せないときは、スタバに連れていくという手もあります(笑)


Cow puns 牛のダジャレ

トークショーではメインのホストのほかに、横から合いの手を入れるsidekickと呼ばれる人がだいたいいます。The Tonight ShowのサイドキックはSteve Higginsです。
ヒギンズのダジャレを一つ一つ分析してみましょう。

① He should not have "uddered" that.
He should not have uttered that. 彼はそんなことを言うべきではなかった。
「述べる」という意味の utter と 牛の乳を意味する udder をかけたダジャレです。

② Everyone was in a bad "moo"d. みんな機嫌が悪かった。
牛の鳴き声「モー」を意味する moo と mood のダジャレです。 

③ Nowhere to "hide." 隠れるところもないよ。
「隠れる」という意味の hide と「牛革」を意味する hide をかけたダジャレです。

④ I milked that for all it's worth. やれるだけやり切ったな。
milk it for all it's worth: to take full advantage of a situation or condition
「状況を最大限にうまく利用する」という意味の慣用句です。

You wish.  夢でも見てな。

"Do you want to go for a drink with me tonight?"  今夜飲み行こうよ~
"You wish." 夢でも見てな。(は?なんであたしがお前なんかと?)

お誘いをかけられたときの、かなりキツイ断り方です。
だいたい軽いノリのナンパに対して、私を甘く見るなよという感じで断る、というシチュエーションで使われます。

同じような意味の表現はほかに、"In your dreams"などがあります。


Frank likes head. フランクはフ○ラが好きだから。

ビールの泡の部分をheadと言います。
そして、スラングでheadはオーラルセックス、つまりフェ○チオという意味もあります。

単に「フランクはビールの泡が好き」と言っただけなのに、なぜか家族の空気が凍ってしまったんでしょうね(笑)
これはかなり気まずいですね(笑)

jerk  性格の悪い男、意地悪な男、自分勝手な男

Cop: Mind telling me why you were driving so close behind that car?
警官: 前の車にかなり接近して運転してたけど、その理由を聞かせてくれるかな?
Me: Because I'm a jerk?
俺: 性格が悪いからですかね。

A hole = ass hole

assholeはjerkと同じで「嫌なやつ」という意味もありますが、文字通りの意味はお尻の穴ですよね。
assholeは放送禁止用語なので、ちょっとごまかして、A hole(エイホール)という言い方をすることがあります。

*** 

いかがでしたか?
ハッシュタグシリーズは、ツイートを文字で読めるので、リスニングが苦手でも楽しめますよね。もう3年以上続いているコーナーなので、動画はたくさんあります。"The Tonight Show Hashtags"でサーチしてお楽しみください。

それではまた! 

 

前回に引き続き、南アフリカ出身のコメディアン、Trevor Noah(トレバー・ノア)のスタンダップコメディを紹介したいと思います。政治家をネタにすることの多いトレバーですが、彼の祖国、南アフリカ共和国でネタに困ることはありえません。とんでもない政治家があふれるほどにいるからなのですが、その代表格と言っていいのが、現在就任から7年目の大統領、Jacob Zuma(ジェイコブ・ズマ)です。

典型的な独○者のズマですが、最近では自宅の建て増しを公金を使って工事して、大変な批判を浴び、お金を返すという約束をするに至りました(しかし、辞任には至らないという・・)
自宅に公金で豪華なプールを作ったズマ、その言い訳がプールは防火用水を兼ねているので、大統領の身の安全を守るために必要な設備として公金を使った・・・だそうです。

さらに、これは大統領になる前ですが、2005年に強姦の容疑で訴追されたズマ。
ある女性からの強姦の訴えがあり、ズマは当然合意の上での行為だったと主張するわけですが、実はこの女性はHIV感染者であり、ズマはそれを知りながら避妊具なしで関係を持ち、その裁判の過程でHIV感染に関してどういう考えだったのかと問われたズマ、

「あとでシャワーを浴びたから大丈夫」


というびっくりトンデモ発言が飛び出しました。
エイズが蔓延している地域のリーダーの認識としては、考えられないレベルですね。そして裁判はもちろん(?)無罪。訴えた女性はオランダに亡命し、4年後ズマはちゃっかり大統領になってしまうのでした・・・。ちなみにズマはHIV検査の結果を公表しており、3度ほど受けてすべて陰性だったとのことです・・・。

さて、トレバー・ノアに話を戻しましょう。
前回、アメリカの黒人にあこがれてアメリカに行った話を取り上げましたが、今回は、カリフォルニア、マリブのビーチで出会ったアメリカ人女性サーファーの話です。

★この動画の単語★
OMG:Oh My God
Johannesburg: ヨハネスブルグ
offend(他動):~の感情を害する 
be offended by~:~に腹を立てる
ravage(他動):~をひどく荒廃させる



Trevor:
I don't surf. I sit on the beach and I enjoy it from there. It looks beautiful. I enjoy it. I'm sitting on the beach in Malibu and it's during the week so it's really empty. There's just one girl surfing out there, California babe. She's rocking it, you know. Got long blonde hair and tan, looking very fake, you know. She's riding her board and doing her thing. And all those unnecessary surfing moves that people do, you know. Just stay here. Just stay here. There's no need for... Then surely, surely, sure enough, at the end of it, she's doing this thing and the wave comes in like "Boof!" I was like "Oh...dead, dead." But she wasn't. Comes out of the water. She's having the time of her life! She looks over at me and she's like, "Hey there! Are you (like) gonna come in? The water's (like) super amazing!"
"No. No thank you. I'm just gonna, I'm just gonna sit here. I'm just gonna sit here and watch you. You're very good. Keep it up. Keep it up."
And then like, "OMG! You talk funny!"
"No, I don't talk funny. You talk funny."
"Where are you from?" 
"I'm from South Africa."
She's like, "Oh wow! (Like) Africa? How did you get here?"
"What? Using my monkey grip under the plane." How did you get here. She doesn't even wait for my answer. She runs and she's in the water doing her thing, surfing, having a good time doing those things. She comes back out and now all of a sudden, we're best friends. She runs out on the beach and she's like,
"Hey! Africa!" 
"Hey, America..."
"So, (like) you don't surf at all?"
"No I don't. I don't. Where I'm from they don't really surf."
Johannesburg, there's no surfers out there, you know.
"Oh, that's too bad. (Like) do you guys have waves in Africa?"
Do we have waves...A grown human being asks me if we have waves on our continent. Like, "No, no we don't. We don't. Yeah, by the time the water gets to our side of the world it's just so tired. It's just, you know, so worn out from all the travelling. It tries but it just daaaa!"
Do we have waves..? She's brilliant. She says this and she runs back into the water and everytime she goes out there, like she comes back more stupid. It's like...it's almost like she's fishing for stupidity out there. It's almost like there is a shark that goes "Now ask him this, now ask him this. Ask him this."
'cause she comes back. I'll never forget this. Till the day I die I will not forget this conversation. She comes back onto the beach and she stands next to me and she's taking off her wet suit and then she goes, 
"So, (like) Africa! Can I ask you a question?"
"Yeah, go ahead. Go ahead."
"If you're (like) from Africa, have you (like) ever had AIDS?"
You know what's funny? I wasn't offended by the fact that she said AIDS. But I was offended by the fact that she said "ever had" AIDS. Like, AIDS is something you could "had" like a passing flu or something, just, you know.
"Hey, Jonah. I didn't see you at work last week. You didn't work last week Thursday, brah(bro)? " 
"Oh yeah, brew(bro), I had a bit of AIDS there. I just...took a day off. Took some Relenza. Now I'm back, brew."
...Ever had? And you know, I know. As a child of the continent that's ravaged by this disease, it's my job, it's my duty to educate people when I meet them. You know, it really is a part of who I am, but you know when you look at someone in their eyes and there's no hope. You know, so, it's only two of us, so. I'm bored and I thought why not to have some fun. So I look at her and I'm like "Yes, yes America. I've had AIDS many many times."
She's like, "Oh wow. Really? Oh my god! So aren't you gonna be super skinny and dead or something?" 
"No no no, AIDS is not as bad as you think. It's just like chocolates, you know? Just shouldn't have too much at one time. Just like, AIDS, AIDS, AIDS....... Oh too much AIDS. Too much AIDS.Then you stop for a bit and then after that you're 'Woo hoo! More AIDS!' You know, you just chill."
She's like, "Wow! AIDS is like a chocolate?"
"Yeah, you should try it sometime."
"No! That's disgusting! So then it was like chocolate, that is gonna get all melty and I'm gonna be covered by all the AIDS chocolate. I'll be all sticky! I'll be all dirty!"
I was like "Yeah then you just take a shower."
No, what are you guys...what are you..? Oh no, don't you laugh at my president! Damn you, people! Damn you! I don't accept your laughter, damn you! Don't you laugh 'cause it has nothing to do with the great man! Turning my jokes against me.... No! I will not participate in this madness. How else do you get clean!?

いかがでしたか?
ズマの「エイズ問題はシャワーで解決」発言に突っ込みを入れるがための壮大なる伏線(笑)
実に秀逸なオチと言えるのではないでしょうか・・?

トレバーは南アフリカからアメリカに移住し、今はThe Daily Showでアメリカの政治家をネタにしていますが、最近はやはりドナルド・トランプに触れないわけにはいきません。トランプはズマを初めとするアフリカの独裁者たちに通じるものがあるとして、アメリカ国民に警鐘を鳴らしています。
「こういう人は一度権力の座に着いたら、それを手放すことは決してしないものだよ」と。

経験者は語る、ですね。

それでは、また!



以前の記事でTrevor Noahがホストを務めるThe Daily Showの動画を紹介しました。

関連記事:トランプ劇場☆共和党大会の笑える解説動画

お笑い政治風刺番組のThe Daily Showは以前は中年層に人気だったのですが、南アフリカ出身のトレバー・ノアが司会の座を得た2015年からはネットでの視聴が格段に伸びました。彼は1984年生まれなのですが、同世代のMillennial世代と呼ばれる80s~00s生まれの人たちの間で人気が高まっています。
で、最近このトレバー・ノアという人が好きで、ずっとDaily Showやスタンダップコメディーの動画などをbinge watchingしていました。スタンダップは最近は米も英もswearing(f**kingなど)が多すぎるのが気になるところですが、彼のスタンダップはちょっと南アフリカのアクセントがありますが、品行方正な英語でとっつきやすいと思います。

ところで、この人南アフリカで生まれ育ったのですが、その生い立ちはかなり特殊なんですね。
1994年まで南アフリカでは、「アパルトヘイト」という人種隔離政策をとっていて、白人と白人以外の人種が接近するのを禁じていました。トレバーはそんな時代に、黒人ママと白人パパの間に生まれました。つまりその存在自体が犯罪ということになってしまいますよね・・。その生い立ちについてもスタンダップでネタにしています。
トレバーのお母さんは白人男性と関係を持ったことで、投獄されたこともあったそうです。家族で街を歩くのも、お父さんは通りの反対側を歩き、お母さんはトレバーの手をつないで歩いていても警察がいれば手を放して、自分の子供じゃない振りをしなければならないなど・・なんか自分のアイデンティティーを呪ってしまいそうな環境ですが、そういう環境で育ったからこそ、人種差別や政治腐敗などに鋭い感覚を持って風刺してみせてくれるトレバーの才能が育まれたのでしょう。
そして、そんなトレバーのあこがれは、アメリカの黒人だったそうです^^白人とのハーフなのでちょっと肌の色が薄く、そのせいで南アフリカではいじめられていたトレバー。ブラックアメリカンにあこがれて、その威光を担ぎにニューヨークへ出かけます・・・。

★この動画の単語★
maverick:反逆者 pedophile:小児性愛者、ロリコン 
weed:マリファナ 
give(call) someone names: 差別的なレッテル張りをする。呼び方をする。
hiccup:問題、へま

あまり正確ではないですが字幕もついているので、画面右下の字幕スイッチをonにして見てください。トランスクリプトも付けてます。ではどうぞ!

 
Trevor:
Good evening. I grew up in South Africa. That's where I still live. I enjoy it.
I grew up there during the time known as Apartheid.
For those who don't know, Apartheid was a law in our country that made illegal for black and white people to interact with one another. You know, this was against the law. And so this world was awkward for me growing up because I grew up in a mixed family, well with me being the mixed one in the family.
My mother is a black woman, Xhosa woman, born in South Africa. That's one of the languages with clicks. Xhosa. Xhosa. So she was a black woman. My father is a Swiss. But they didn't care. You know. There were MaveRicks, fighting the system. My mother was arrested for being with my dad. She'd get fined and she'd get thrown in the prison for the weekend but still she'd come back and she's like "Woo hoo! I don't care! I don't care! Woo hoo! Can't tell you who to love! I want the white man! Woo hoo!" She's crazy, my mum. Crazy. You know. And my dad was also like, well you know how Swiss love chocolates so he was...
And so they got together. And they had me, which was illegal. So I was born a crime, which is, which is something I don't think they ever thought through, because as a family we couln't live together, you know. Like in the streets, we couldn't even be seen together. My father would have to walk on the other side of the road. And he would just wave at me from afar like a creepy pedophile. Well like a pedophile. I don't have to say "creepy." Like a pedophile. 'cause "creepy" implies there's some other sort of pedophile. There is none. There's no classy pedophile. There's no need. It's like "Good afternoon, ladies. Afternoon. No no. Just browsing. Just browsing." "He's so classy." No, it's pedophile. 
My mum could walk with me. My mum could walk with me but if the police showed up, she would have to let go of my hands and drop me and act like I wasn't hers every single time 'cause we weren't supposed to exist as a family. So my mum would let go. It was like a little game we played. The police would show up, and then she'd be like "Oh I don't know. I don't know. No, it's not mine. It's not mine. I don't know." It was horrible for me. I felt like a bag of weed. It was a tough time. 
The downside of being light was that just being light I was different. People mocked me, gave me names like "a mixed breed," "a half caste." I hate the term "half." Why "half"? Why not "double", "twice as nice", I don't know. They give you weird names. I just wanted a cool name, you know. I wanted to be black to be honest. That's all I ever wanted. Especially since one day growing up I met an American and he was shocked that in South Africa we had all these titles and he said to me "Well you know, Trevor, if you go to America, they would label you as a black." I said "Really?" He was like "Oh hell yeah. Hahaha. Everybody's "black" out there. You'd be super black." Sounds good to me. Super black. And I made the choice like: the first chance I get I go out to America. I'm gonna get a piece of that black. I did. Boarded the flight, it was an 18 hour journey, Johannesburg to New York. I didn't sleep a wink. I just sat there in my chair like a mad man, watching every single black American movie I could find. I was just sitting there going crazy, just practicing like "Yeah, yeah. Nah mean(You know what I mean)? Nah mean? King Kong ain't gonna shit on me. Yeah. Sorry? Oh chicken please, chicken.Thank you. Yeah, put it in your mouth. Yeah."
18 hours of flight. 18 hours of practice. I landed in New York and I was fluent in my black American. "Fo' sizzle my nizzle". I had the walk. I was even laughing like "Ha ha ha!" "My man! My man! Oh this you? This you? Haha-!" That's like the coolest thing in the world. Black Americans are so cool and confident and make you feel good about yourself just by asking if you are you. It's magical. They just walk up to me and "Hey yo, hey yo. This you? This you? No no for real man. This you?" And you'd be like "Yeah I think it is!!" I was that black. I was super black. I was loving it. So this guy walked up to me and I don't know him. He didn't even know me. He tapped me on the shoulder at the airport. He was like "Baisando! Que pass eh qhe creo qhe si...(speaks in Spanish)"
I was like "Yeah? Are you talking to me?" "Yeah, I'm talking to you, man. I'm just saying, we made it, baby. We made it, huh. Now that we're here. Our kind, we gotta stick together, hombre." Our kind? 18 hours of flying, I wasn't black. I was Mexican.
Mexican. So I started to learn Spanish. If not, why not? Then I also started to learn German. I learn German to connect with my father. You know, I lost contact with him for many years because of Apartheid. So now we're starting to learn each other, which is taking time but we're doing it slowly. I think the language will help me, you know, 'cause I don't think he is..he's proud of me, he loves me but I haven't earned his pride, I think, partly because of my job. As a comedian, I don't rank that high in the world of German anythings. It comes across in a small conversation, you know. Like one day we were having the lunch and my dad looks at me and goes "Trevor, what do you do now? You've got a job? Do you work?" "Yeah dad, I'm a comedian, a standup comedian." He's like "Yeah, yeah, so that's clown, yeah?" No, no yeah whatever. German's holding me back. I dream of impressing him with his language. I get to his house one day. He'll welcome me at the gate like "Oh clown boy!" I'm like "Guten tag Vater(Hello my father)" It's everything. He's got that feeling. So I started learning. I learn in different ways, you know. I watch German movies. I play German speeches on my iPod when I sleep. You brain remembers those things you don't even know. It's beautiful. The only hiccup was it turned out that I downloaded some Hitler's speeches. It's not like Google warned me. Don't judge me. Google wasn't like "Oh no, not those ones." No. It just let me download everything. And so I learned some of his nuances. Not his philosophies. It's just I've been told that when I speak German, sometimes I sound distinctly Hitler-ish, which I found out in Germany which is not the best place to find out that you've got Hitler vibes. You would rather find out that at home.  It's actually funny now, not so much then. I was in Cologne, Germany. Beautiful area. I'll never forget. I was walking around and went into like a little sandwich shop, you know like one of those Subways where you make your own sandwich. And I walked in. The woman was really nice to me. She was like "Guten tag! Kann ich ihnen helfen?(can I help you?)" I looked at her and thought "Confidence, Trevor. Confidence." "Guten tag! ~(orders a sandwich in Hitler-ish German)" And she shat herself. I'll never forget the look on her face. She went pale. She looked at me straight in the eye and she said "Schwarz Hitler!", which means "the black Hitler." I was so happy. Yeah she said Hitler but at least she said I was black. You guys were fantastic. Thanks for having me.   


★日本語訳★

こんばんは。僕は南アフリカの出身です。今もそこに住んでます。快適です。
僕が育ったのはアパルトヘイトと呼ばれる時代でした。
知らない人もいるかもしれないので捕捉しとくと、アパルトヘイトというのは南アフリカにあった法律で、黒人と白人が交流することを禁じた法律。交流することが違法だったんです。だから、僕が成長する過程っていうのは、すごくいびつなものだった。だってミックスの家庭に育ったから。いや、ミックスだったのは僕自身。
僕の母は黒人で、コサの女性。南ア生まれの。そう、あの舌を鳴らす音がある言語を話す民族ね。だから、母は黒人。で、僕の父はスイス人だった。でも彼らは気にもしなかったね。反逆者だよ、制度に反抗する。母は、父と一緒にいることで逮捕もされた。罰金を科せられたり週末に牢屋にぶちこまれたり。でも戻ってきたらこんな感じ。「イエーイ!関係ない!関係ない!誰を愛そうと文句は言わせない!あたしゃあの白人男が好きだ!イエーイ!」クレイジーだよ、ほんとに。父親は父親で、まあみんなスイス人のチョコレート(黒人を意味する隠語)好きは知ってるよね・・
で、恋人になって、僕が生まれた。で、それは法律違反なわけ。だから僕は生まれながらの犯罪なんだ。っていうことはあんまり親は深く考えなかったみたい。だってそもそも家族として一緒に暮らせないんだよ。
街を歩くにも、一緒にいるところを見られちゃまずいから、父は通りの反対側を歩く。遠くから僕に手を振るんだ。気持ち悪いロリコン男みたいに。や、ロリコン男みたいに、だね。気持ち悪いをつけたら、気持ち悪くないロリコンもいるみたいに聞こえるもんね。いないいない。品のいいロリコンとかいない。「ご機嫌いかがですか、お嬢様たち。いや見てるだけ、見てるだけでございます」「わあ品がいい」みたいな。ロリコンはロリコンです。
母は僕と歩くことはできた。できたけど、警察官が現れるたびに、僕の手をパッと放して、自分の子供じゃないっていうふりをしなきゃならなかった。存在しちゃいけない家族だったからね。だから母は手を放す。ちょっとしたゲームみたいな感じだった。警察が来ると、母は「知りません、知りませんよ~。私んじゃないねえ、知らないわあ」僕にとっては最悪だよ。自分がマリファナの袋みたいな気がしたよ。厳しい時代だった。
ライト(ミックスなので黒人よりも肌の色が薄い)の難点は、肌の色が薄いせいで、僕は異種だった。罵られたり、「雑種」とか「ハーフカスト」とか言われたりしてさ。「ハーフ」って言い方は好きになれない。なんで半分なんだ、ダブルとか2倍ナイスとかでもいいじゃない。いろんな呼ばれ方をしたよ。どうせならかっこいい呼び名が欲しかった。というか、僕は黒人になりたかった。それだけが望みだったと言ってもいい。少年のころにあるアメリカ人に会ってから特にその憧れは強くなった。彼は、南アフリカで(黒人以外に)いろんな呼び方があることにショックを受けていた(ハーフの人たちはcolouredsと呼ばれています)。彼は僕に、「トレバー、アメリカに来たら、お前は完全に黒人扱いだよ。」僕は「ホント!?」って。そしたら「そりゃそうさ、ハハハハハ!(ヒスパニックもアフリカ系も)みんな「黒人」なんだから。お前なんかスーパー黒人だよ。」最高じゃないか。スーパーブラック。僕はその時決めたんだ。チャンスが来たらアメリカに行く。そしてそのブラック感を味わうんだ。そしてその時が来た。
僕は飛行機に乗り込んで、ヨハネスブルグからニューヨークまで18時間の旅。その間、一睡もしなかった。僕は自分の席に座って、狂ったように黒人の映画をむさぼり見た。狂ったように。練習してた。「イエー、イエー、わかんだろー。キングコングなんかどうってこたねえよー。え?あ、はい、チキンお願いします。チキンで。ハイ。どうも。くわえろよこらぁ。イエー」
18時間のフライト。18時間の猛練習。ニューヨークに降り立ったとき、僕の黒人英語は完ぺきだった。「ハンパねえ(Fo' sizzle my nizzleは黒人英語でいいね!の意味)」歩き方も完璧。笑い方までマスターした。「ハハハー!」
「よう、これお前(This you)?これお前?」
世界一かっこいいと思わない?アメリカの黒人は自信にあふれていてかっこよくて、まわりの人にまで自信を与えてくれる。「お前がお前であるかどうか(This you?)」を聞くだけで。「ヘイ、メン!これお前?これお前?」で、僕は「うん、たぶんこれ僕だよね~」って。僕はブラック。スーパーブラックだった。最高の気分だった。そしたら、男の人が寄ってきたんだ。知らない人だったし、向こうも僕のことなんて知らない。空港で肩をたたかれて、「ケパサ、クレオケ・・・・(スペイン語)」って。「え、俺に話してるの?」って聞いたら、「そうだよ、あんただよ。いや、やったな、ついにやってきたな、って言ったんだよ。同じ民族同士、助け会おうぜ。オンブレ(兄弟)」同じ民族だと・・?18時間旅したあげく、僕は黒人じゃなかった。メキシコ人だったんだ。
メキシコ人・・・そこで僕はスペイン語を勉強しだした。しない理由はないでしょ。それからドイツ語もやり始めた。ドイツ語は父親と接するために。アパルトヘイトで疎遠になっちゃってたからね。互いのことをわかろうとしてる。少しずつだけどね。言語がわかればよりわかりあえると思ったんだ。というのは、父は僕のことを愛してくれているけど、誇りには思ってない。誇りはまだ勝ち得てないと思う。それは僕の職業のせいだと思う。コメディアンてのはドイツ文化では何カテゴリでもランキング上位にはいかないでしょ。会話の端々にそれが見える。たとえば、一緒に昼飯を食べてたときのこと。「トレバー、お前仕事はしてるんか?働いてるのか?」「父さん、僕はコメディアンをしてるんだよ。スタンダップコメディアンなんだ。」「ああ、あれか、ピエロか。」
うん、まあなんでもいいや。ドイツ文化がネックになってるんだ。だから言葉を覚えて、父を感心させたい。たとえば、いつか父の家に行って、玄関で「おう、ピエロボーイ!」ときたら、「グーテンターグファーター」とやりたい。それで万事OKだ。だからドイツ語をやり始めたんだけど、いろんなやり方で学んでる。ドイツ映画を見たり、寝てる間にiポッドでスピーチを流したり。覚えてもないことでも脳に刻まれてるんだ。すばらしいでしょう。ただ、ひとつ問題なのが、知らないうちにヒトラーの演説をダウンロードしちゃってたみたいんなんだ。いや、グーグルは忠告してくれなかったよ。誤解しないでね。グーグルは「いや、これはダメだよ」とか言ってくれなかった。なんでもダウンロードし放題。それで、ヒトラーのしゃべりを学んじゃったみたいなんだ。思想は学んでないよ。でも僕がドイツ語をしゃべると、ヒトラーっぽく聞こえるらしいんだ。ていうことをドイツに行ったときに気付かされた。ドイツでっていうのはまずいよね、できれば自分の国にいるときに気付きたかった。今は笑い話だけど、そのときはほんとにやばかった。
ドイツのコロンに行ったときのこと。美しい地方だ。絶対忘れられないことが起きた。サブウェイみたいに自分でサンドイッチを作れるお店に入ったんだ。店のおばさんは感じがよくて、「こんにちは、いかがしますか?」僕は「トレバー、自信を持て!」って感じでおばさんの目を見て言った。「こんにちは!」(ヒトラーの演説のものまね)そしたらおばさん、う○こ漏らした(恐怖で)。あのときのおばちゃんの顔は忘れられない。僕を見据えて、真っ青な顔で言った。「Schwarz Hitler!」つまり、ブラックヒトラー。超嬉しかった。ヒトラー呼ばわりされたけど、少なくともブラックって言ってくれたから。
 




いかがでしたか?
ちょっと長いですが、わかりやすく楽しめるネタですよね。
トレバーは往年のタモリさんのように、外国語の物まねがやたらうまい人で、実際6か国語しゃべれるそうなんですが、イギリス英語、アメリカ英語、南アの英語などのアクセントの使い分けがすばらしく上手です。それを駆使したスタンダップネタもたくさんあるので、次回、短めのものをアップしたいと思います。

それでは、また!
 
 

今回は、イギリスの超有名コメディアン、Michael McIntyreのスタンダップ・コメディーを見てみたいと思います。

この動画の単語
wings(名):舞台の袖
bearings(名):方向感覚
applaud(自動):拍手する   
shuffle(自動):すり足で歩く
tailored(形):テーラーメイド(オーダーメイド)の
bloating(名):膨満・お腹の張り
teetering on the edge:崖っぷちでよろめいている
go down well:受けがいい
boobs(名)(俗):おっぱい 

 
Michael:
So I just wanted to tell you this story 'cause I thought it was funny. 
I did this gig last year in a lovely theatre called Mayflower in Southampton.
So I finish the show and I went "Thank you. Thank you very much." 
and basically what you do at the end of the show is I bow and then I go off into the wings and then I just wait behind the curtain here for a few...I just count to ten and they keep cheering and then I come back and go "Thank you. Thank you very much." That's called "Encore."
So I did this gig in Southampton, where I went off but I got my bearings wrong. I didn't go all the way off. So I did this whole "Thank you. Thank you. Thank you so much." and I just stood in the corner for 10 seconds. Incredibly creepy moment for the whole audience, who stopped applauding and I just look around and realise. It's like I'd run out of batteries..and then I just shuffled in. So let's hope things are a little bit more professional than that tonight.
So look, I've got my new suit on. When I say "my new suit," this was actually tailored to fit me and I'm not really breathing out. I'm breathing in. It's like teetering on the edge.  
I bought this suit at the end of last year and I don't know what's happened to me. There appears to be some kind of bloating since I was measured. I did a gig and at the beginning of the show, I raised my hands. Like you do, you know, show bizzy. So I just go "Good evening!" and I didn't realise that's what happened. I got to be honest. The laughter. People were laughing so much. I was storming the gig. I thought, "I've never gone down so well. They are laughing hysterically" untill I realised it was the "jacket boobs" that was the entertainment. I'd not been entertaining at all. 

音声ファイル



★日本語訳★
ちょっとおもしろい話を。
去年ライブをサウスハンプトンのメイフラワーという素敵なホールでやったんだけど、ショーの終わりに「どうもありがとうございました」って言うでしょ。
基本的にショーの終わりの挨拶は、まず礼をして、袖に引っ込む。そしてカーテンの後ろに入って、僕は10数える。お客さんは拍手を続けているので、僕はまた出て行って「ありがとうございました」をやる。これが「アンコール」っていうやつだ。
で、サウスハンプトンでライブをしたわけだけど、袖に引っ込むときにちょっと方向感覚が狂っちゃったんだよね。完全に袖に入りきらなかったの。「ありがとうございました」のあと、こうやって角で10秒突っ立ってたんだよ。お客さんにしたら、ものすごい気味悪いよね。拍手が止まった。僕は振り替えって、気が付いた。僕の電池が切れたかと思われたよね。それで、僕はスライドして袖に入りました。今日はそれよりももうちょっとプロフェッショナルに行きたいと思います。
それはそうと、今日は新しいスーツを着てます。「新しい」っていうのは、これ実はテーラーメイドなんだよ。今息が吐けてません。吸ってはいるんだけど、崖っぷちでよろよろ歩いてる時みたいな呼吸になってる。
去年の暮れにこのスーツを買ったんだけど、俺、自分がどうなっちゃったのかわからないんだ。なんか、採寸したときから、ずっとげっぷが腹にたまってるか何かなのかな。ライブやったときに、ショーの最初に手を挙げたんだ。やるでしょ、ショービズって感じで。「皆さんこんばんは」つって。で、こうなっちゃうことに気が付かなかったわけ。いやまじで、あの笑い。みんな笑いに笑ってるのよ。ライブは大盛り上がり。「今日はやたら受けるな。みんな狂ったみたいに笑ってる」って思ってたら、受けてたのは僕の「ジャケットおっぱい」だった。自分の手柄では全然なかったよ。

Like you do.   普通にするでしょ。

話の中で、「普通にするでしょ」とか「普通みんながやるように」ということを付け加えたいことがありますよね。そんなときにこの言い方をします。

When I was having dinner with my host family, I lifted the bowl up to have my soup, like you do in Japan, and then everybody looked at me with a shock. It was actually not a good thing to do at the table in Western countries.

ホストファミリーと夕ご飯を食べてて、スープを飲むときに、スープボウルを持ち上げて飲んだんだ。日本ではみんな普通にやるでしょ。そしたらみんなショック受けたみたいな目で僕を見るんだ。欧米ではテーブルマナーとしてやっちゃいけないことだったんだね。

***

いかがでしたか?
マイケルマッキンタイアはじめ、いろんな人のスタンダップコメディーを取り上げています。スタンダップコメディーカテゴリからどうぞ。

それでは、また!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

Just Kidding Filmsは、アジア系アメリカ人のJoeとBartを中心に、コントなどなど笑えるコンテンツを提供しているYouTubeチャンネルです。
エンターテインメント業界は、今でも人種による垣根が高く、有色人種の人材が潜り込める隙間は相当ちっちゃいです。特にハリウッドは直近のアカデミー賞も"whitewashed" だという批判が強く集まり、ウィルスミスやほかの黒人俳優が授賞式をボイコットする事態になりました。whitewashingというのは、原作ではアジア人や黒人の役どころを、わざわざ脚本で白人に書き換えてまで、白人の俳優をキャスティング(攻殻機動隊の草薙素子役にスカーレットヨハンソンとか)したり、評価が高かった黒人俳優がノミネートされず、かわりに評価はそれほどでもなかった白人俳優がノミネートされたりといったことで、最近この問題が男女の収入格差と並んで、ハリウッドが克服すべき課題として挙げられています。
エンタメ業界では、黒人よりもさらに割を食っているのがアジア系であり、アジア人が出る映画には、むしろ中国や日本本国の俳優(渡辺謙さんとかですね)がキャスティングされ、アジア系移民の第2世代(当然、英語のネイティブスピーカー)の才能ある俳優たちには一切役が回ってこないという状況のようです。
・・・ということが背景にあるのでしょう。成功しているYouTuberのなかにはアジア系の人がとても多いんですよね。今のところ、Youtubeがアジア系クリエイターの受け皿となっているようです。
お笑い系の人気Youtuberもアジア系の人がたくさんおり、一番人気は、日系アメリカ人のRyan Higaです。彼のチャンネルnigahigaは登録者数が現在1700万人で総合第13位という人気チャンネルです。ここまで成功すると収入もだいぶ良さそうですね(笑)ちなみに第1位の英在住スウェーデン人PewDiePieは登録者数4600万人を抱えており、彼の年収は14億円だそうです

そこで今日は、そんなアジア系アメリカ人のYoutubeチャンネルの中でも異彩を放つ、JustKiddingFilmsのコントを見てみたいと思います。彼らはbad ass、つまり悪そうな感じが漂う人たちで、線が細い、優等生的イメージのアジア系のステレオタイプとは対極にあります。swearing(f*ckなど)も多いです。アジア人の顔をしてるけど中身は黒人みたいな、そんな異様な感じが漂う人たちです。以前の記事でもいくつか紹介しているので、おもしろいと思ったら、ぜひ関連記事もチェックしてみてください。

★動画の概要★
Youtuber仲間のDavid, Bart, Geo, Joeが久しぶりに集まってランチをすることに。でもせっかく会っても「結局お互いスマホいじってばっかりだよな」というJoeの言葉に、Bartはあるゲームを提案します。その内容とは? 

★この動画の単語★
hang out: 一緒に過ごす、遊ぶ
I'm down: 賛成 bond:絆を深める 
enjoy one's company: ~と一緒にいることを楽しむ
reception: 携帯の電波


Joe: I'm so glad we get to hang out again, guys.
Geo: Yeah, and in person.
David: Like I always see you guys' updates, but
(すみません。聞き取れません、だれか教えてください。意味的には、「Youtubeでアップしたものはお互いにいつも見てるけど、会ってしゃべることはめったにない」という意味だと推測されます。
Joe: You know what's funny? We're probably just gonna end up playing with our phones anyway.
Bart: Yeah that's true. That's so true.
Bart: Well, why don't we play a game? We put our cellphones in the middle of the table and no one's allowed to touch it until the lunch is over. The first person that touches it loses and has to pay for the entire bill.
Geo: Oooo, I like it!
David: You know what? I'm down.
Geo: Me too.
David: Come on, Joe.
Joe: Alright.
Geo: This is gonna be fun.
Joe: So guys, how's it been?
Bart: Good.
David: Can't complain.
Geo: Same old, same old.
Bart: See isn't this good? I mean we are all talking, bonding, enjoying each other's company.
David: Did you guys see that one video of the fine ass stripper, with a dick.
Bart: What!?
Geo: Ew. 
Joe: Oh my god. I have to see this.
David: Oh, on my phone. Can't touch it. 
Joe: Show me after?
David: Yeah after I can definitely do that.
Phone rings.
Joe: What if I'm expecting an important call?
Bart: You can't pick it up.
David: Are you serious?
Joe: I don't think I wanna play this anymore.
Geo: Come on, guys! We never see each other. And it's just one hour!
Joe: Can I just check my IG, just one time, just like one swipe?
Bart: No!
Joe: But I haven't touched my phone in like 10 minutes.
Bart: We all haven't touched our phone in 10 minutes.
David: You know, ok ok ok. How about this? We can look at our phone for about 5 minutes and after we can start the game again.
Joe: I love that idea!
David: That's what I'm talking about.
Geo: No that misses the whole purpose of the game.
David: Ok, you know what, technically this game isn't even fair bacause, bacause, bacause, because you guys had like 30 more seconds on the phone because I pick up, you know I put my phone down first, right? So you think about that.
Joe: I haven't seen my phone the whole day until I got here. You know what, I've had less phone time than any of you here!
Geo: Let's be strong, guys! We never see each other. You can be on your phone anytime you want after this.
Joe: Look at them. They look so happy. And they look happy. And then, they're ecstatic! Everyone's happy but us!
Bart: But none of them are talking!
Joe: I don't even wanna talk anymore! 
Bart: I'm not gonna let you. I want to be on the phone as much as you do but we came here to hang out!
Bart: David!
Joe: Come on Bart! I'll suck your dick!
Bart: No!
Joe: Why not!

Bart: I can't believe that we couldn't go through one lunch without checking our phones. 
Joe: I can't believe I said I was gonna suck your dick.
Bart: That was crazy.
David: You know, I am glad that we're camping though.
Geo: Yeah I definitely agree. It forces all of us to just stay off our phones.
Bart: Oh by the way, there's no reception on this campsite.
Geo, David, Joe: Ohhhhhhh!!!! WHY!!!!!!
Bart: Isn't it crazy that we now live in a society where we spend more time on our phones than we do when we're in the presence of our friends. We spend all this time on our phones and we don't take time to make memories with our friends. So I hope that we can all re-evaluate this and reestablish the human connection with all our friends.
 
音声ファイル


How's it been?      
最近どんな感じ?

-Good!
           
グッド!
-Can't complain.               
まあ不満はないわな。
-Same old, same old.   
相変わらずって感じかな。

いろんな答え方が出揃いましたね。
Can't complain.は普通に会話のなかでもよく使います。
物事がだいたいうまく行っていて、不満はあるにはあるけど、それを言い出したらキリがないし、というポジティブな姿勢を表す表現です。

enjoying each other's company: お互い一緒にいる時間を楽しむ

I enjoy your company.は「君と一緒にいると楽しい」という意味で、ロマンチックな意味でも使われます。

「彼と会うといつも楽しい」というのも、この表現を使って言うことができます。
つまり、

I always enjoy his company.

ですね。

What if I'm expecting an important call?
もし、俺が大事な電話を待ってたとしたらどう? 
what ifは仮定の話をするときに使う表現です。

if以下は、仮定法過去になることもあれば、現在形のままのこともあります。
Joeのこのセリフが、
What if I was expecting an important call?というふうに、仮定法過去だったらどう意味が変わるでしょうか。

仮定法を使った時点で、「ホントは大事な電話なんか待ってないけど」という意味が加わってしまいます。

Joeとしては、ほんとに待ってるかどうかはおいといて、もし待ってたとしたら電話に出ていいのか聞いてるので、現在形になっているわけです。
仮定法過去だったら、ホントは待ってないんだから、このゲームをしている状況では「待ってないなら電話に出るな」と言われるに決まってますよね。だから、現在形なわけです。
 

Bart: Isn't it crazy that we now live in a society where we spend more time on our phones than we do when we're in the presence of our friends.
友達と一緒にいる時間よりも、電話をかまってる時間の方が長いっていう社会はクレイジーだよね。
We spend all this time on our phones and we don't take time to make memories with our friends.
電話にこんなに時間を使っちゃって、友達と思い出を作ろうとしない。
So I hope that we can all re-evaluate this and re-establish the human connection with all our friends.
こういう状態をもう一度見直して、友達との人間らしいつながりを取り戻せると良いよね。 

・・という感じで、bad assな見た目でswear wordsを使いまくるわりに、最後はおじいちゃんみたいな教訓で締める(笑)という、これが、JustKiddingFilmsのスタイルで、彼らの言葉で言うと、Teaching good things in a bad wayということです。

もっとこういうコントで英語を学びたいという方は、下のカテゴリ、または「英語コント」タグから関連記事をどうぞ。

それでは、また!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

ドナルド・トランプが共和党候補に指名されましたね。

共和党大会では、よっぽど支持演説してくれる人材がいなかったんでしょう。
「あの人は今?」状態の忘れ去られた俳優や有名人(昔の)などが担ぎ出されていました。

で、

共和党候補者の座をトランプと争っていたルビオ氏やクルーズ氏も演説をしたんですが、
この両者には決定的な違いが。

ルビオ氏は、争いは終わり、今は団結の時、というようにトランプ支持を打ち出します。
ところが、ところが、トランプ氏にLying' Ted(嘘つきテッド)やpussy(軟弱男)呼ばわりされ、
奥さんの見た目をけなされ・・と散々やられたクルーズ氏は、演説のなかでいつまでたってもトランプ支持をはっきり言いません。
あげく会場からは、ブーイングと、"Endorse Trump!(トランプを支持しろ!)"の激しいヤジが。
最終的には、トランプ支持を一度も言わないまま、
「みなさん、良心に基づいて、自由と憲法を守る候補者に投票しましょう」
(・・・トランプに投票すんなってこと?)
という意味深な言葉を残して、すさまじいブーイングの中、ステージを降りました。


この件について、The Daily ShowのTrevor Noahが楽しい解説をしているので、それを今日は見てみたいと思います。
The Daily Showはニュースチャンネルでなく、お笑い専門のComedy Centralで放送されている、主に政治風刺をおもしろおかしくやる30分番組です。日本で言うと、爆笑問題が司会しているような感じでしょうか。前ホストのJon Stewartが16年間務めて人気番組に押し上げたあと、コメディアンのトレバーが昨年2015年に引き継ぎました。おもしろいし、言ってることも論理的で、ただ茶化しているわけではなく筋が通っているので、私の最近のお気に入り番組となっています。 

字幕はところどころ間違ってますが、ほぼ正確なので、画面右下の字幕ボタンをオンにしてご覧ください。
下にポイントを抜粋して日本語訳したものを載せてありますので、そちらを読んでから動画を見た方が理解しやすいかもしれません。



★(0:21~)
Trevor:
You know what I learned today?
僕は今日ひとつ学んだよ。
In American politics, you can say whatever you want whether it's true or not.
アメリカ政治では、ホントだろうが嘘だろうが何でも言っていいんです。
You can mislead about the rise of crime.
犯罪が増加してるようにミスリードしてもいい。
You can make it seem like America's drowning in taxes,
アメリカが重税国家だと抜かしても大丈夫。
but some lies are bigger than others.
でも、うそは嘘でもこの嘘はないでしょう。

Trump:
I humbly and gratefully accept your nomination for the presidency of the United States.
トランプ:合衆国大統領選挙の候補指名をありがたく、謹んでお受けしたいと思います。


Trevor:
Yes.
うん。
Nothing says "humble" like turning your stage gold and having your name in 9000pt font.
ステージを金張りにして自分の名前を9000ptのフォントであしらうってのは、「謹み」そのものだね。
Even the Goodyear Blimp is like "Jesus, we get it, Trump. We get it."   
グッドイヤーの飛行船ですら引くよ。「もういいって、トランプ、ほんともう伝わったから」って。 
Basically Trump's speech tonight was just a thin shell of candy covering a chocolate center of hates and right in the middle a bit of nut of fear.
トランプの今夜の演説は、キャンディ。中にヘイトのチョコレートと、そのまた中に脅威のナッツが入ってるキャンディみたいなものでしたね。
But you know what, they're not that bad once you have a few of them. I mean, they're acquired taste.
いやでも何個か食っちゃえば、けっこう食えるもんだよ。癖があるけど慣れるとうまいって感じよね。  

Goodyear blimpは、タイヤメーカーのGoodyearが宣伝用に保有している飛行船です。
800px-Goodyear_Blimp_-_Spirit_of_Innovation
こちらは、何千ptのフォントなんでしょうね(笑)


そして、トランプの演説は、ヒラリーが国務長官時代に執った政策によって、犯罪が増加し、税金も不法移民の問題もテロの脅威も悪化しているとして、恐怖をあおるものだったのですが、実際のところは犯罪率も不法移民数もかなり緩和されてきているとしての、次のコメント↓

★(1:58~)
Trevor:
So if you've been watching the show while hiding under your bed, I want you to know that you can come out. Come out.
だからね、布団にもぐってこの番組を見てる人にはわかってほしい。出てきて大丈夫だよってことを。大丈夫、出ておいで。
Oh, come out unless you're Hilary Clinton.
でもヒラリー・クリントンは布団にもぐってた方がいいかも。

Trump:
This is the legacy of Hilary Clinton: Death, destruction, terrorism and weakness.
トランプ:ヒラリー・クリントンの業績はこうですよ。死、破壊、テロ、そして弱さです。


Trevor:

"And weakness!" Only Donald Trump would think weakness is worse than death and destruction.
「そして弱さです!」弱さが、死と破壊より悪いと考えるのはドナルド・トランプくらいですよ。
Because you end on the worst thing Donald,
普通、一番最悪なことを最後に述べるもんなんだよ、ドナルドくん
"Death, destruction and weakness!"; that's like your doctor going "you have cancer, AIDS, and a little spinach in your teeth. Yeah, right there. Yeah, you gotta watch that."
「死、破壊、そして弱さ!」 って、まるで医者に行って、「あんたはガンだ!エイズだ!あと歯にほうれん草挟まってるよ。うんそこ。気をつけてね」って言われるようなもんだ。

そして、トランプは普段本人含め共和党員が差別意識を隠しもしない、LGBTQ citizens (Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, genderQueer)に対して、なぜかイスラムのイデオロギーから守ると公言し(それより国内で差別されてる方が大きい問題なのでは?と思うのですが、)それに対して、ホモフォビアの共和党員がブーイングしなかったことにトランプが感謝するという、なんとも低レベルなシーンがあり、さらに昨年8月には自分で「大統領選挙に出るならテレプロンプターは使うな」と言っていたのに、指名受諾演説ではちゃっかり使っていたという話のあと・・いよいよテッド・クルーズの話になるわけですが、

 My favorite part of the whole week was seeing Ted Cruz.
僕にとってこの一週間(の党大会)で一番よかったのは、テッド・クルーズのところだね。

というコメントで、(5:18)から始まります。

★(5:18~)
Trevor: 
My favorite part of the whole week  was seeing Ted Cruz because last night the man with no reflection did the most amazing thing I've ever seen.
僕にとってこの一週間で一番良かったのは、テッド・クルーズの演説。あの不気味な男は僕が見たこともないすごいことをやってくれた。
He came to the convention and took a giant principled conservative dump on Donald Trump's stage by refusing to endorse him. I mean he gave me the feeling I didn't even know I could even feel!
党大会にやって来たクルーズは、ドナルド・トランプのステージに立って、でっかい真正保守のうんこをした。トランプを支持することを拒否したんだ。いやもう僕が存在するとも思わなかった感情を呼び起こしてくれたね。 

Trevor:
Not only did he not endorse Donald Trump but he endorsed everybody but Donaly Trump.
クルーズはドナルド・トランプを支持しなかったというばかりでなく、トランプ以外のすべての候補者を支持した。

Cruz: To those listening, please don't stay home in November. Stand and speak and vote your concience vote for candidates up and down the ticket who you trust to defend our freedom and to be faithful to the Constitution.
お聞きの皆さん、11月の選挙の際は、どうか家にいないで投票してください。立ち上がり、声をあげてください。あなたの良心に基づいて、候補者のなかから、私たちの自由を守り、合衆国憲法に忠実であるとあなたが思う人に、一票を投じてください。


Trevor:
Boo! We don't wanna vote out of concience! We wanna vote for Donald Trump! 
ブー!良心に基づく投票なんかしたくない!俺たちゃドナルド・トランプに投票したいんだ! 

別に、良心に基づいて投票してくださいって言ってるだけで、トランプに投票するなとは一言も言ってないはずなのに、トランプ支持者からの激しいブーイング(笑) 裏を返せば、やっぱりトレバー的な解釈になっちゃいますよね^^

そして、この共和党大会はトレバーがこの番組のホストになってから初めてのものだったのですが、この日の成り行きにはかなり驚いたと。しかしそれはトレバーだけではなく、経験豊富ないろんなニュースメディアの人たちですら、このクルーズの行動について驚きのコメントを出しています(7:59~)

*Look, I'd never seen anything like this before. This was stunning.
*Unprecedented.
*I'd add this to the list of things I never thought I would see.   
*It was shocking.
*Whoa Ted Cruz!
*Wow!

さらに、クルーズがこの行動に出ることについて、
We should've seen this coming. 僕たちは事前に予感できたはず。
とトレバーは言います。
 
★(8:29~)
Trevor:
The moment Ted Cruz entered the room, you could tell that something had changed on an elemental level, people.
テッド・クルーズが場内に入ってきた瞬間に、何かが元素レベルで変わったのがわかったもの。
The air got cold. Flowers lost their petals.
空気は冷たくなり、花は枯れて花びらを落とした。
And this, this is real though, this is real.
そしてこれ。これはほんとの話ですよ。
Just before he was about to strike, the screens behind him started flickering. That really happened during the speech.
彼の演説が盛り上がり始めるちょっと前、うしろの映像が付いたり消えたりし出したんだ。ほんとに演説の途中にこうなったんだよ。
And I've watched horror movies, people.
俺、ホラー映画で見たことあるもん。
When you see screens flickering, you get your ass out of the house!
スクリーンが付いたり消えたりし出したら、家から出なきゃダメ!
You get your ass out of there! Go! But, the classic white people, they all just sat there.
ダメだよ。とっとと逃げなきゃ。逃げて!でも古き良き白人の皆さんはただ座っていただけなのでした。
And that's the peoblem with having no black delegates, my friends.
あのね、黒人の代議員がいないからそういうことになっちゃうんだよ。
Because if there were black people in the room, they would've been like "Oh hell no. Oh hell no. We got to go, oh hell to the no."
あのとき黒人が場内にいたら、黒人みんな「だめよ~だめだめ。逃げなきゃだめ」ってなってたと思うよ。
You should've seen this coming people. The screens were flickering. 
予想できたはずだよ。だってスクリーンが付いたり消えたりしたんだもの。 

そしてシーンはクルーズの「リベンジ」の動機になった「かも」しれない、トランプの所業をダイジェストで流します。クルーズについて言いたい放題、悪しざまに罵るトランプ。「嘘つきテッド」「クルーズの父親はケネディ暗殺の犯人オズワルドの仲間」「適当なことばっか言う男」「誰からも好かれてない」「pussy」・・・まあひどいですね。

そして、それらを見てトレバーは一つの結論を導き出します。

Donald Trump is dumb. ドナルドトランプって頭悪いよね。

そして、最後は、クルーズが共和党を地獄の業火で焼き尽くす、Game of Thronesのワンシーンのパロディで終わるのでした^^

いかがでしたか?

共和党員も、分裂していて、クルーズにブーイングするようなトランプ信者もいれば、トランプの演説を抗議で中断させるような党員もいます。結局前者が数では勝るようですが。
さて、アメリカ国内では、ヒラリーとトランプの支持率は拮抗している模様。
他人事ではいけませんが、11月が楽しみですね 笑

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


 

今回は、ダニエル・ラドクリフのインタビュー動画です。
ハリーポッターで超有名子役となったダニエルですが、こういうインタビューを見るたびに、
「なんて健全な青年に育ったんだ・・」と思ってしまいます。
誰とは言いませんがほかの有名子役の末路とは・・・だいぶ違います。

と思っていたら、やはり本人は、有名子役に付きまとうtotal dick(真正のくそ野郎)というイメージからできるだけ離れようと一生懸命努力をしてきたそうです。たとえば、2時間の舞台が終わった後、1時間も残ってファンサービスするなど、とにかくファンにやさしいようなんです。ところが、その努力が行き過ぎたか、あまりにもいい人すぎるので、ちょっとした弊害も生まれているようです・・・。

★動画の概要★
グラアム・ノートンショーより。出演はダニエル・ラドクリフ、ジェイムス・マカヴォイ。ダニエルのファンへの接し方について語る。いい人すぎることの弊害とは、どんなことなのでしょうか?? 

この動画をつかったリスニングの鍛え方

①動画を見る前にボックス内の単語の意味を確認
②トランスクリプトなしで動画を見て、リスニング力をチェック。
③トランスクリプトを読みながら、動画を見る。
④理解できたか下の解説を読んでチェック
⑤動画が気に入ったら繰り返し見る。
しっかり内容を理解してから動画を繰り返し見ることで、
英語を英語のまま聞いて理解できるようになります。

★この動画の単語★
discerning(形):見極めのきく、洞察力のある
Manchurian candidate: 洗脳されて、特定のグループのために働く広告塔、政治家など 

 
Graham: So now, here is the thing. We know, Daniel Radcliffe, you have a reputation of being lovely to fans. You're very sweet. You give your time very freely to them. But I read with interest that you are starting to toughen up now. You're being a little more discering with your fans.
Daniel: Um...what do you mean...?
Graham: Well, wasn't there....like, you had been generally nice but you were with your friend and she kind of went "you know that....
Daniel: Oh yes. Right. Well, yeah, 'cause I...I think when you start acting at a young age, people expect you to be a total dick all the time and that's the kind of the expectation that you sort of always find yourself coming up against. And so, I think, all my life I've, like been, really worked hard to not be that and to be like as far away as possible. But that has sort of sometimes meant like; Someone, you could be really rude to me, kind of, and I have to be like, "Yeah fine." I won't really notice that you're being rude. Sometimes people come up to me, and 99% of the time when people come up to me asking me for something on the street, they are really very nice. And then, just occasionally, someone would come up and somebody said "Can I get a picture with you?" and I just I'm saying the words and not meaning anything by it but I just said "Yeah, of course, if you want to." and she just went "Well I wouldn't have asked if I didn't want to." And I was like, of course I was like, "No, of course you wouldn't have. Silly of me." And and she left, and my girlfriend was with me and was just like "The girl was a dick to you. You don't need to..." So she's giving me a sense of...like you can judge that. I'm not gonna be, like, I dick back now or anything.
Graham: But you don't need to be that. But apparently Rupert Grint is even worse than you.
Daniel: Rupert I don't know the details of this at all, but Rupert ended up at someone's house one night, just from continuing to say yes to things.
James: We've all been there.
Daniel: I think I'll end up feeling bad for saying this 'cause someone's gonna take an advantage of that and ask him to, you know, he's gonna be a new Manchurian candidate or something.  

音声ファイル



You're being a little more discerning with your fans.
君は以前よりもファンの見極めをするようになった。
discerning: showing good judgement and understanding

discerningの意味は次の例文だとわかりやすいと思います。
How to be discerning with your Facebook friends.
Facebookの友達を見極める方法

上のリンクはWikiHowの記事なんですが、けっこうおもしろかったです。
3千人も5千人もFacebook上の友達がいるという人がいますが、
Facebook初期には、友達が多いほど「わあすごい!」となっていたのが、
今では、

"What!? You have 5000 friends? What's the matter with you?
Aren't you being more discerning?"
はぁ?5千人も友達いるの?おかしいんじゃない?
もっとちゃんと本当の友達を見極めなよ。

という感想が聞かれるようになって、状況が変わってきた、と。
そこでFacebook上でdiscerningになる方法を説いてます。
FB友達の多い方、ぜひ読んでみてください(笑)


I think when you start acting at a young age, people expect you to be a total dick all the time.
子役から俳優をやっていると、みんなにすごい嫌な奴なんだろうと思われる。 
That's the kind of expectation that you sort of always find yourself coming up against.
そういうふうな思い込みっていうのが、自分はいつも直面せざるをえない問題だと。
come up against:(問題などに)直面する、ぶつかる

Procrastination is always what you come up against when you have to work with bureaucrats.
官僚と仕事をするとき、彼らの先延ばし癖という問題に必ず直面する。

**
ダニエルとしては、嫌な奴と思われるのを避けるために、必要以上にいい人であろうとした結果、
まさにフェイスブックの友達リクエストを断れない人と同じで、来る人拒まず状態、ファン(自称)にはどんな失礼なことをされても

"Yeah fine!"
OKダヨ!

という感じで、
I won't really notice that you're being rude.
つまり、判断力がマヒして、失礼なことをされても、それに気づかないくらいになってしまったようです。

そしてファンとのこんな会話も・・・↓
Fan: Can I get a picture with you? 一緒に写真撮ってもらえますか?
Daniel: Of course, if you want to. もちろんですよ。それがお望みなら。
Fan: I wouldn't have asked if I didn't want to. いや望んでなかったら頼んでないし。
Daniel: No, of course you wouldn't have. Silly of me.  あ、そうだよね。バカだな俺って。

人に失礼なことを絶対しない(ように心がけている)人って、
誰かが失礼なことをすると、
無意識のうちに取り繕うというか、フォローしてあげちゃうような感じになることありますよね。
私も身に覚えがあります・・。
いや、失礼のないように心がけていた遠い昔の話ですけど。

そしてこの会話を聞いていたダニエルの彼女の一言。
That girl was a dick! You don't need to...
「あんな失礼な女に、いい顔してあげることないわよ!」

・・という、そんな彼女の助言のおかげでダニエルもだんだん目が覚めて、正常な判断力が戻りつつある、ということらしいです。別に、dick back(失礼なことをし返す)わけじゃないけど、とりあえず、みんなにいい顔はしなくてもいいんだということに気付いた、というところでしょうか。

ダニエルの彼女は、Erin Darkeという女性で、とある映画での共演者です。

daniel-radcliffe-raps-slim-shady
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3680072/Having-kids-magic-DANIEL-RADCLIFFE-fame-fans-chapter-life-Harry-Potter.html

ところで、dickって、男性に対して「嫌な奴」とか「クソ男」という意味で使う単語だと思ってましたが、女性に対しても使うということを初めて知りました。
もちろん、女性に対してはbi*chという侮蔑語がありますが、こちらはどうしても性的なコノテーションが絡んできますから、性に関係ない場面では、男女ともにdickなんでしょうね。


そして話は、ハリポタ3兄弟(?)の一人、ロンことRupert Grintの話題に・・・↓
I don't know the details of this at all but Rupert ended up at someone's house one night, just from continuing to say yes to things.
詳しい話は知らないんだけど、ルパートは一度、何言われてもイエスって言い続けたあげく、誰か知らない人の家まで行くことになっちゃったんだ。 

危なっかしいですね。ルパート。

Manchurian candidateというのは、Wikipedia(日本語)のこの記事に詳しく載っていますが、
「洗脳された人」という意味でアメリカで使われる表現です。

誰かが、ルパートのこのyes癖を利用して、彼を洗脳して、変な広告塔にでも担ぎ出されたら、
この話を広めた自分の責任を感じてしまう、というダニエルのコメントでした。

***

さて、この動画はほかにも、ジェイムス・マカヴォイが彼のファンとのエピソードを語ってます。
彼の英語はスコットランド訛りが強いです。
YouTubeのコメント欄を見ると、このスコッツ訛りに魅了された女性たちがたくさんいるんですが、もしこちらもトランスクリプトを希望する方がおられましたら、コメント欄にてリクエストくださいね!

それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

さて、前回のテイラースウィフト出演のコント"Ew!"の続きとして、
テイラーが気に入ったというザックエフロンの出演回を見てみたいと思います。

Ew!はJimmy Fallon(ジミー・ファロン)がホストのTonight Show内で時々流れるコントです。
ジミー扮するありがちなティーンエイジャーのSaraが友達を部屋に呼んで、
ティーンにありがちな会話を繰り広げるというモノです。
 
動画の概要
今回は、James Franco(ジェームズ・フランコ)との共作「ザ・インタビュー」でキムジョンウンを怒らせて物議を醸したSeth Rogen(セス・ローゲン)扮するAlisonと、その友達、ザック演じるBritneyがゲストです。男らしいセスに比べて、美しい令嬢のようなザックに注目です。

この動画は、ジミーもセスもアホな子っぽいしゃべり方で、英語が聞き取りにくいところもありますが、和訳もつけますので、リラックスして楽しんでください。

この動画の単語
brain freeze(名):冷たいものを食べて頭がキーンとなること
snazzy(形): おしゃれな、かっこいい
lame(形):ださい
gorp(名):ミックスナッツ(レーズン、ピーナッツ、チョコチップなどのミックス)  


Jimmy: As you know, I love watching TV.
知ってると思うけど、僕はテレビ大好き。
Everyone loves watching TV. Don't you? You love watching TV?
みんなそうだよね。テレビ好きでしょ?
Eh, House of Cards, Game of Thrones, Dancing With The Stars...so many good shows,
ハウスオブカード、ゲームオブスローン、ダンシングウィズスター、面白い番組がいっぱいある
but there's one show that I've really been into recently on Teen Nick. It's called "Ew!"
でも今僕がはまってるのは、TeenNickの番組でEw!っていうの。
A lot of people even say that I look like the main character.
メインの子に似てるってよく言われるんだ。
I don't know if I see it though.
どうかな、自分ではわかんないけど。
Well, here, take a look for yourself.
まあ、とりあえず見てみて。
Sara: Hi everyone. Welcome to "Ew!" I'm Sara.
ハイみんな!"Ew!"の時間だよ!私はサラ。
And if you're wondering, it's S.A.R.A with no H, 'cause Hs are ew!
スペルはS.A.R.AでHはないの。だってHってキモい!
Joining me today is one of my besties, Alison Donald. High-5.
今日来てくれるのはあたしの親友、アリソン・ドナルドです。
Sara: Alison, what's up?
アリソン、元気?
Alison: Um, not much. My mom gave me her credit card so I stopped by Starbucks on the way here.
まあね。ママがクレジットカードを貸してくれたから、ここ来る途中でスタバに寄って来た。
Sara: Ew. What did you get?
えー、何買ったの?
Alison: I've Venti size Cinnamon Dolche Cream Flapeccino.
ベンティサイズのシナモン・ドルチェ・クリーム・フラペチーノ
Sara: You even got whipped cream?
ホイップクリームもつけたの?
Alison: Ew! Of course!
当然!
Sara: That sounds amazing. Can I try some?
おいしそう。ちょっとちょうだい。
Ew! I got brain freeze! Brain freeze!
いや!頭がキーンとする!頭が!
Alison: Ew! Ew! Oh god, I just got text!
あ、メールだ。 
Sara: Who's that from?
誰から?
Alison: It's from Britney Anderson.
ブリトニー・アンダーソンって子
I told her I was coming here and now she's upstairs, What shall I do?
ここに来ること言ったんだよね。今上にいるって。どうする?
Sara: Stop yelling and tell her to come down.
叫んでないで、降りてくるように言いなよ。
Alison: Britney, come down!
ブリトニー!降りといで!
Britney: How are you?
元気?
Alison: Ok.
まあね。
Sara: Hi Britney. This will be so fun! Britney, what's up with ya?
ハイブリトニー。楽しくなるね。ブリトニー、最近どう?
Britney: I'm actually super excited right now because I just got this new phone and it has an amazing camera.
実は今すっごいテンション上がってるの。新しい電話を買ったんだけど、そのカメラがかなりすごいの。
Sara: Ew! How many mega pixels does it have?
まじで!何メガピクセル?
Britney: It's got I think like 8 mega pixels.
たしか8メガピクセルだと思う。
So it's perfect for selfies.
だからさ、自撮りに最適。
I've been thinking about it all day. Ready? Here, your turn.
今日ずっとそればっか考えてた。いい?はい、アリソンの番ね。
Sara: Group selfie!
グループ自撮り!
Alison: Oh yeah, totally!
やろう!
Britney: Together? OK.
一緒にね。わかった。
Sara: You have to (聞き取れません) ok?
それ○○してね。
Alison: Tag me.
タグ付けしといて。
Britney: Ok later I will for sure.
わかった。後でね。
Sara: Britney, have you been listening to any good music?
ブリトニー、なんか最近いい曲ない?
Britney: I totally have.
超あるよ。
There's this one song that I just cannot get out of my head. It's called "Turn down for what?"
ずっと頭から離れないんだ。ターンダウンフォアホワットって曲。
Alison: Oh my god! I love that song!
うわ、めっちゃ好きあの曲!
Britney: I love that song too.
あたしも。
Sara: Let's stop talking about it. Let's just listen to it!
じゃあ、言ってるそばから、聴いちゃおうよ!
Britney: Let's do it.
そうだね。
"Turn down for what?"
Gary: Hey girls. That's pretty snazzy music!
ガールズ。おしゃれな曲だね~。
Sara: Ew! It's my step dad, Gary. He's so lame.
うわ、あたしのステップダディのゲイリーよ!超ださいの。
Gary: What is it you're listening to?
何聞いてるの~?
Sara: It's called "Turn Down For What." by Lil Jon.
ターンダウンフォーホワットって曲・・。リル・ジョンの。
Gary: The only Little John I know about is from Robin Hood. You guys like English folklore?
僕が知ってるリトルジョンと言えばロビンフッドだなあ。英国民話なんだけど君たちは好きかい?
Girls: Ew!
キモい!
Gary: Oh right. Well if you girls get hungry, mom's upstairs making a fresh batch of gorp.
そうか~。君たちお腹がすいたら、ママが上で今ゴープを作ってるから。
Granola, oats, and raisins and peanuts. Granola, oats and raisins and peanuts. Granola, oats and raisins and peanuts. Take granola, add some oats and...
Sara: Gary! Shut up! Get outta here! Get lost!
ゲイリー!うるさい!出てけ!うざい! 
Gary: Ok. Alright. Don't miss out on those coconut chunks!
わかった。わかった。君たちの分のココナッツ食べちゃうぞ~。
Girls: Ew!
まじキモい!
Sara: You guys, now it's time for a "Ew" speed round, ok? Here we go!
じゃあ、"Ew!"スピードラウンドね。行くよ。
Sara: Crocs.
Girls: Ew!
Sara: Tomatoes or tomatoes.
Girls: Ew! or Aw!
Sara: Sloth?
Girls: Ew!
Sara: Gary Oldman.
Alison: Oh cute.
Britney: Really?
Sara: Really?
Alison: Yeah, he's a really talented actor. Have you ever seen "Harry Potter and the Prisoner of Azkaban"?
だって、超すごい俳優だよ。「ハリーポッターとアズカバンの囚人」って映画見た?
Sara: Harry..Potter...risner..of..Azkaba..? No, I've never seen it.
はり・・ぽた・・あすかば・・?ううん、見てない。
Britney: I'm just gonna say ew.
とりあえずキモいから。
Sara: Alright, the last one. James Franco.
じゃあ、これが最後ね。ジェームズ・フランコ!
Girls: Ew!
キモい!
Sara: Ew! I just got text.
あ、メールだ。
Alison: Me too.
あたしも。
Britney: Wait, so did I.
あ、あたしもじゃん。
Sara: It's from James Franco.
ジェームズ・フランコからだ。
Alison:  Oh it's James Franco.
ジェームズ・フランコだ。
Britney: You guys, mine's from James Franco.
ねえ、ジェームズ・フランコからメール来たんだけど。
Girls: Ew!
まじキモい!


What's up?How are you?も普通に使われます。
一時期、How are you?はもう使われていないとかなんとかいう話がまことしやかに流されていましたが、このコントではブリトニーがHow are you?と言ってますね。

答え方はいろいろあります。
How are you? -Not bad. -Good thanks. -Good, good. -I'm Okなどなど。
What's up? -Not much. ←個人的には、こっちの方が聞かないし、使ったことないです。
私の住むNZは基本イギリス英語なので、what's upはアメリカで顕著ということなんでしょうね。

でも、答え方は別に重要ではないんじゃないかなと思います。一番大事なのは、
聞かれたらちゃんと相手にも聞き返してあげること。

How are you?
-Good, thanks. How are you?
-I'm fine, thanks. And you?

これが意外に難しいんですよね・・・。つい言いそびれてしまったり。
でも、良い関係づくりのためにはとっても大事だと思います。

Have you been listening to any good music?
最近なんかいい曲ない? 
これはそのまんま覚えてしまえば、普通に使えますね。


Don't miss out on those coconut chunks!
ココナッツのかたまりを逃すなよ!←君たちの分まで食べちゃうぞ。 
miss out on~: ~(楽しいことやおいしいもの)をやり損う、食べそこなう。

I feel like I'm missing out on life.・・で検索すると、「あたしの人生こんなもんだっけ」という悩みを抱えた人たちがごろごろ出てきますよ 笑 

I was late arriving at the show and I missed out on the best part!
ショーに遅れて来たから、一番いいところを見逃した!
 
chunkはかたまりです。
たとえば、ツナ缶なら、
tuna flakes: ツナフレーク tuna chunks: かたまりのツナ
の2種類が売ってます。
 
***
ゲイリーおじさん(義父)の"Granola, oats and raisins and peanuts"の踊りは・・たまらないですね^^ウザいです、とっても。こんな人がある日突然お父さんになったら・・・たぶん私もSaraみたいに"Get lost!"を連発すると思います笑
gorpはゲイリーおじさんはGranola, Oats, Raisins, Peanutsの頭文字をとったものだと解釈してるみたいですが、これには諸説あり、Good Old Raisins and Peanutsの略だという話もあります。
gorpはtrail mixという呼び方もあって、そっちの方が一般的だと思います。



それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




 

前回の記事で、テイラーが暗い女の子の役で出演したsketch(コント)を紹介しました。

taylor

まだお読みになっていない場合は、是非、前の記事でコント動画を見てみてください。
今回はその続きになります。

前回の記事:テイラー・スウィフトが歯科矯正ブラケットをつけた暗い女の子に扮するコント 


テイラーは、このコントにかなり乗り気で、キャラ設定も自分からかなり細かく決めてきたそうです。
そのキャラ設定とはこんな感じでした。
名前:ナタリー・ベンソン
年齢:13歳
趣味:バンドエイドコレクション、アイスの棒でお城を作ること
最近のお気に入り: 自分で作った空想の動物、ペガコーン(ペガサスとユニコーンの合体)

動画の概要
ナタリーのキャラについて語るテイラー。実は自分のnerdy(暗い)な子供時代をモデルにしたそう。テイラーの足にある傷(scar)は、彼女自身が子供のころアイスの棒でお城を作っていたときに、あるモノが足に落ちてケガをしてしまって、その傷が残ったものだという。さて、テイラーの傷の理由が聞き取れるか、試してみてください!

この動画をつかったリスニングの鍛え方

①動画を見る前にボックス内の単語の意味を確認
②トランスクリプトなしで動画を見て、リスニング力をチェック。
③トランスクリプトを読みながら、動画を見る。
④理解できたか下の解説を読んでチェック
⑤動画が気に入ったら繰り返し見る。
しっかり内容を理解してから動画を繰り返し見ることで、
英語を英語のまま聞いて理解できるようになります。




この動画の単語★ トランスクリプト内ではピンク色で示してあります。
Teen Nick: ティーン向け番組専用チャンネル 
pig tail: 二つ結びの髪型 
scrunch(動): ぎゅっとまとめる・詰め込む
prominent(形): 目立つ、顕著な
at first: 最初は attic(名): 屋根裏部屋 
super-industrial strength hot glue gun: 工業用(業務用)のグルーガン
glue: 糊
nerdy(形): 性格が暗い・オタクっぽい  instinct(名): 本能 
braces(名): 歯科矯正ブラケット improvise(動): 台本なしで即興で演じる
beard(名): ひげ 



Jimmy: Taylor! 
Taylor: Jimmy!
Jimmy: So that's what you look like. Oh my gosh. I've only met Natalie, this girl who I saw on TeenNick that's a lot like you.
Taylor: People say that. People say that. You know I think that the whole tri-tails situation...
Jimmy: No, she's not just a pony tail or pig tail.
Taylor: Not two pig tails. There were three of them.
Jimmy: Was the tri-tail...a lot of scrunching going on up there? And she's very interested in creating Pegacorn. You sent us a list of things that your character likes about 3 weeks ago. That she has a band-aid collection. What does that even mean? How did you come up with this character? 
Taylor: Ok. Well, on the real, the whole, like "I'm Natalie. I like to create popsicle stick castles by myself sometimes." That's actually a story from my own childhood.
Jimmy: No. Aww. Sad.
Taylor: So I have this scar. I have this scar on my leg and it's a very prominent scar that I've had for, probably since I was 10 or 11. And everybody always ask me about it and they are like "Wow, it's a pretty significant scar that's lasted a really long time. What's that from?" and I end up telling them. At first I would tell people like it was a normal thing that you know "When I was 10, I would sit up in my attic and make castles out of popsicle sticks and I used a super-industrial strength hot glue gun 'cause I was really serious about it."
Jimmy: Oh no.
Taylor: Yeah so one day I was really agressively creating a slide. Do you know what I'm talking about?
Jimmy: This is such a nerdy story. You were creating a slide out of popsicle sticks?
Taylor: Yeah 'cause I had these little toy bears that lived in it.
Jimmy: And you needed a little playground.
Taylor: They needed a slide.
Jimmy: Of course. How could they get out of the castle.
Taylor: Yeah it needs to be fun. And I was creating the slide. I was just like glue, glue, glue, glue...and then suddenly I was gluing off the table and a big glob of just like hot glue was just there and I was like "Oh" and your first instinct is to go "Oh I'll just pull that off." and then you know, you pull off 17 layers of skin with it. 
Jimmy: Oh my god! That is Ew! That is so...
Taylor: Ew! So that's how I came up with Natalie. It was a traumatic childhood story. 
Jimmy: You sent us a video also of you wearing braces and you were just improvising as Natalie. And you said "ew."
Taylor: "Ew"
Jimmy: "Ew." Yeah that's it.
Taylor: I felt like...I don't know why I got so into this but I love the "Ew!" sketches. I loved it when Zac Efron came on. He was just like a beautiful lady.
Jimmy: He's a good looking lady. He's a really good looking lady. We were so mad at him. 'cause I'm clearly not a good looking lady.
Taylor: And Seth Rogen's got the beard and just like "Ew!"
Jimmy: Yeah he wasn't changing his voice. He's got the full beard. 
Taylor: "Oh My God!" Um, basically I just fell in love with the sketch and I love seeing when you do it. So I started thinking "What would I ever do if I ever got to do that." I was like "You know what. I think I wanna tap into sort of a different kind of friend that Sara would have. I think she needs to be out of town. I think she needs to..."
Jimmy: You thought of so many things.
Taylor: I got really deep with the character....
・・話はテイラーが出演したSNL(Saturday Night Live)の話題に・・ 

★テイラーのトラウマとは★
10、11歳のころ、屋根裏部屋でアイスの棒のお城を作っていたテイラー。工業用のパワフルなグルーガンを使って、その日は滑り台を作っていた。お城に棲む小さいクマたちのために。ところが机をはみだしてグルーガンを発射してしまい、熱い糊のかたまりがテイラーの足に。反射的に糊をはがしてしまったため、17層の皮膚も一緒に引っぺがすことになってしまった。
・・・というトラウマ的な事件から、テイラーは今回のナタリーのキャラを思いついたのでした。

I have this scar on my leg and it's a very prominent scar that I've had for, probably since I was 10 or 11.
足に傷があるんですけど、かなり目立つ傷で、たぶん私が10歳か11歳の時からある傷です。
this scarのthisは以前の記事でも説明したとおり、これからそれについて話をしますよ、というサインになるthisの使い方です。ここでは、これから傷の話をしますよという意味で、this scarと言っています。

I've had for,のforはfor ~yearsと言おうとしただけで、とくに意味はなく、そのあとに、since I was 10 or 11というふうに言い換えてます。

prominentは「目立つ」という意味ですが、ほかにも次のような物事について使います。
①データ上の顕著な動き
②才能のある、前途有望な研究者・芸術家


"I was like"

テイラーみたいな若者の話し言葉でとてもよく使われますよね。たとえば・・

「頑張れジョニー!と言った」ということを言いたいときに、
I said "Come on, Johnny!" よりも
I was like "Come on,  Johnny!" と言うことの方が多いです。

でも私の住むNZの実態をみてみると、40代以上の人(特に男性)は、こういう言い方はあまりしません。
30代では言います。もちろん友達と話すカジュアルな場面に限られますが。
でもそれは比較的新しい表現だからで、今の若者は50代になっても、まだ使ってるかもしれないですね。
で、その頃の若者はまた全然違う話し方をするという・・

What would I ever do if I ever got to do it?  
もしもこのコントをさせてもらえるなら、どんなことをやろう?
不確定な未来の話なので、would、gotというように過去形を使っています。
everは強調の意味ですが、何を強調しているかというと・・
everを使うのは、可能性が低いと思われる状況で、「それでも万が一」というようなニュアンスを加えたいときです。
だから、If I ever won a lottoとかIf I ever got to drive a Ferrarriという感じで使います。

get to~は「~させてもらえる」という意味です。
My friend's dad bought the Ferrari, and I got to ride in it!
友達のお父さんがフェラーリを買ったので、乗せてもらった!


この時点では、出演が決まっていないので、
不確定な未来なわけですが、
ザックエフロンの出演回を見て"Ew!"のコントが気に入ったテイラーが、自分がもしやるなら・・という妄想の世界に入った時のセリフです。

で、

You know what? I think I wanna tap into sort of a different kind of friend that Sara would have.
そうね。サラの友達でもちょっと違う感じの子をやってみたいな。 
サラの友達はいつもギャル系の女の子なので、テイラーはちょっと違う角度からやってみたいと思った、と。
そして、まずout of town(田舎の子)で、歯科矯正中で、アイスの棒で・・・と、どんどん妄想が膨らんでいったようです。

***

ちなみに、ザック・エフロン出演回はこんな感じでした。
ew zac

ジミーとテイラーが同意しているように、ザック・エフロンはbeautiful ladyですね。真ん中のセス・ローゲンがひげもそのままに、しかも野太い声で演じているので、ザック・エフロン演じるブリトニーの美しさが映えます 笑

この動画も近々、トランスクリプトをつけてアップしたいと思います。

(追記:次の記事でザックエフロン出演回のEw!を取り上げてます。)

それでは、また!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Jimmy Fallon(ジミー・ファロン)のTonight Showで、たまに出てくるこのコント、
"Ew!"というタイトルなのですが、
ewは「おえっ」という意味の擬音で、日本語で言うと「キモい!」・・ですかね。
ティーンエイジャーがよく連発する感じも似てますね。

ジミー扮するありがちなティーンエイジャー(14歳くらいかな?)のSaraがホスト役を務めるティーン向けの番組、"Ew!"では、毎回Saraの友達が部屋に来て、ティーンにありがちな会話を繰り広げます。

このコントシリーズは今まで5,6回くらい作られていて、過去にはミシェル・オバマ大統領夫人からザック・エフロン、アリアナ・グランデなどいろんな人が出演してます。

テイラー・スウィフトは、ザックエフロンの回を見てこのコントが異常に気に入ったらしく、出演の際には自分のキャラをかなり細かく設定してきたそうです。
とりあえず、今回は日本語訳と一緒にコントを見ていただいて、次回に彼女がこのキャラについて語っているインタビュー動画を見てみたいと思います。

★動画の概要★
"Ew!" 今回はSaraのお母さんのカレッジ時代の友達が家に遊びに来ており、その娘、13歳のナタリーがゲストとしてSaraの部屋にやってきます。社交的なSaraのほかの友達と違って、ナタリーはアイスの棒でお城を作るのが趣味というちょっと暗めの女の子。戸惑いを隠せないSaraなのでした・・

★この動画の単語★
chill out (動): まったりする  popsicle stick:アイス(ガリガリ君みたいな)の棒
relate (動): 共感する、親しくなる  gross (形):汚い、気持ち悪い


Sara: Hi everyone! Welcome to "Ew!" I'm Sara.
[Ew!の時間です。あたしはサラだよ!]
If you're wondering, it's S.A.R.A with no H because Hs are ew!
[スペルはS.A.R.AでHはつけないよ。だってHってキモい!]
So my mom's best friend from college is visiting us and she asked if her daughter could be on the show.
[ママの大学の時の親友が来てるの。お嬢さんをこの番組に出してほしいと言われたので、]
So please welcome Natalie Benson.
[今日のゲストはナタリー・ベンソンです!]
Sara: Ew!
Natalie: Ew.
Sara: Thanks for joining us today, Natalie.
Natalie: Oh thanks for letting me chill out with you 'cause I really like to chill out all the time.
[一緒にまったりできて嬉しいよ。あたしいっつもまったり派だから]
Sara: Why don't you tell everyone a little bit about yourself?
[じゃあ、ちょっとみんなに自己紹介してもらえる?]
Natalie: Well, my name is Natalie, and I'm 13 and I like to eat apricots and I have a band-aid collection.
[ナタリーです。13歳です。好きな食べ物はアプリコット。趣味はバンドエイドを集めること]
Sara: Ew..what do you do for fun?
[え・・何して遊ぶのが好きですか?]
Natalie: Um...sometimes I like to spend a lot of time building popsicle stick castles by myself sometimes. 
[えっと、一人でアイスの棒でお城を作るのが好き。]
Sara: I still can't relate...
[共感できない・・・]
How about TV? Do you watch TV? My favorite show is Pretty Little Lier.
[じゃあ、TVは?あたしの好きな番組はプリティ・リトル・ライアー]
Natalie: N..no. My mom hasn't let me watch television since Miley Cyrus twerked. 
[えっと・・マイリーサイラスがトゥワーク(エロいダンス)してからTV見せてもらえないんだ]
Sara: Ew. That's too bad. You'll probably like Pretty Little Lier. You'll like it! (何言ってるかわかりません笑)
All right. Time for Show and Tell. What did you bring us?
[じゃあ、ショウアンドテル(発表の時間)ね。何持ってきてくれたの?]
Natalie: Um..this is the drawing that I made of Pegacorn.
[ペガコーンの絵です。]
That's a unicorn and a pegasus in one and that is my invention. That's the drawing that I did.
[ペガサスとユニコーンが合体した動物で、あたしが思いついたの。]
(Natalie sneezes)
Sara: Ew gross! [汚い!]
Your sneeze and snot are all over Pegacorn!!
[ペガコーンに鼻水と唾がいっぱい!]
○○○(何言ってるかわかりません笑)

Sara: All right it's my time. For my show and tell, I'm gonna perform and dance to my favorite song: "Come And Get It" by Serena Gomez.
[じゃあ、あたしの番ね。あたしの好きな歌、セレナ・ゴメスのカムアンドゲットイットで踊ります]
(Sara and Natalie dance) 
Gary: Uh-huh. I hear some music! What is that? John Osbourne? 
[あはー、なんか歌が聞こえるぞ~。ジョン・オズボーンでも聞いてるのかな~]
Sara: Ew! That's my stepdad Gary! [うわゲイリーよ!あたしのステップダディなの!]
Gary: I just came down to tell you girls that mom's upstairs making some Shake'n Bake Chicken.
[ママがシェイクアンドベイクチキンを作るぞって言いに来たんだ。]
First you shake it and then you bake it. You shake it. You bake it. You shake it and you bake it. You put the chicken in a bag and give it a shake. You put the chicken in the oven and let it bake.
Sara: Get out of here, Gary! Get lost! [ゲイリー来んな!出てけ!]
Gary: All right. Catch you girls on the flippity flip.
[それではまた明日~]
Sara: All right. Time for ew speed round. Here we go. Rice Pudding.
Natalie: Ew.
Sara: Yield sign.
Natalie: Ew.
Sara: Airplane Mode?
Natalie: Ew.
Sara: Breaking up.
Natalie: Ew.
Sara: Getting back together. 
Natalie: Ew.
Sara: Never?
Natalie: Never ever ever ever...EVER! 
Sara: Ok, moving on. Sean Connery. 
Natalie: Cute.
Sara: Really?
Natalie: Yeah he's like a super talented actor. Have you ever seen The League of Extraordinary Gentlemen? 
[だってすごい才能ある俳優さんだよ!リーグオブレジェンドって映画見た?]
Sara
: The League of Extraordinary Gentlemen....I never seen it. Finally, Shake'n Bake Chicken.
Natalie: Ew.
Sara: Thanks. That's all we have for "Ew!" Thanks to Natalie for joining us today. See you next week! EW! [ありがとうございました!今日はこれで終わり。ナタリー来てくれてありがとう。また来週!Ew!]

いかがでしたか?
テイラーのキャラ設定についてちょっとさらっておきましょう。
名前:ナタリー・ベンソン
年齢:13歳
趣味:バンドエイドコレクション、アイスの棒でお城を作ること
Show and Tell: ペガサスとユニコーンが一つになったペガコーン

Show and Tellというのは、学校でよくやる活動で、なんでもいいのでお気に入りのものだったり新しく手に入れたものだったりの実物を持ってきて見せ(show)ながら、それについて語る(tell)というものです。

Ew!は構成がいつも同じで、Saraと友達がひとしきりしゃべったあと、義理の父Garyがやってきて非常にうっとうしい絡みを見せ(笑)、そして追い出されます。そのあとspeed roundをやって終わり、となります。speed roundは・・なんなんでしょうね?意味わかんないです^^
ちなみに、Never ever ever...のくだりはテイラーの曲"We Are Never Ever Getting Back Together"にかぶせてるんですね。

さて、では次回に、
テイラーがこのキャラ設定について語っているインタビュー動画を見てみたいと思います。

それでは、また!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





オバマ大統領の任期もあと半年となりましたね。
次期大統領選は荒れに荒れてますが・・、
当のオバマさんは8年の任期の終焉を今は楽しみにしているようです。

オバマさんは割と定期的にトークショーに出演します。
タイムリーな話題について自分の言葉で語るのを聞くたびに
なんというか、この人が辞めてしまうのは損失だなあとつくづく思います。
頭もいいし、おもしろいし、人柄もいいし・・
本当はケニア生まれだとか、出生証明書が虚偽でホントはアメリカ人じゃないとか
陰謀論めいたことを言う人はいくらでもいますが、
おしなべていい大統領さんだった・・と思うのです。
まあ特に次に続くのがあの人かあの人という2択の状況だからこそ余計にそう思うのでしょう。

今回は、ちょっと古いと言えば古いですが、
息抜きブログの方針から言って 笑
あまり政治的にならないような軽いトークを題材にしたいので、
昨年3月にJimmy Kimmelに出演した際の動画を楽しみたいと思います。


動画の概要
Jimmy Kimmel Showより(13.3.2015)
オバマ大統領にホワイトハウスでの日常生活についての疑問をぶつけるジミー。
<聞き取りのポイント>
以下の項目についての答えが聞き取れるかチェックしてみてくださいね。

①オバマさんはお腹がすいたら自分で勝手に冷蔵庫を開けて何か食べられるのか
②敷地内で電気自動車を勝手に運転したオバマさん。SPのリアクションは?
③歯が痛くなったらどうするのか

この動画をつかったリスニングの鍛え方

①動画を見る前にボックス内の単語の意味を確認
②トランスクリプトなしで動画を見て、リスニング力をチェック。
③トランスクリプトを読みながら、動画を見る。
④理解できたか下の解説を読んでチェック
⑤動画が気に入ったら繰り返し見る。
しっかり内容を理解してから動画を繰り返し見ることで、
英語を英語のまま聞いて理解できるようになります。


この動画の単語
silverware: (銀の)フォークやナイフ、カトラリー
birth certificate: 出生証明書(日本でいう戸籍謄本みたいなもの)
staffer: 職員 secret service: 諜報機関(米では要人警護も行う)、SP
renegade: 反逆者(オバマ大統領のコードネーム) 
daylight saving time: サマータイム、夏時間(夏季に時計を一時間早める) 


 
Jimmy: So when you're at home, can you run down to the kitchen in your underpants in the middle of the night if you're hungry?
Obama: I mean I could but I don't.
Jimmy: You don't. Is there someone in the kitchen at all times? If you wanted a sandwich in the night, would you have to wake someone up? 
Obama: I wouldn't wake someone up to have a sandwich.
Jimmy: You're allowed to go in the refrigerator on your own?
Obama: I am. There's the refridgerator and the silverware.
Jimmy: When was the last time you actually cooked?
Obama: Eh no, it's been awhile since I cooked. It has been awhile. I won't worry about that.
Jimmy: Do you ever drive?
Obama: I cannot drive. I mean I'm able to drive.
Jimmy: Is it because you don't have birth certificate?
Obama: Yeah exactly. In Kenya, we drive on the other side of the street. Actually the last time I drove, a former staffer came by and he comes through the South Lawn. And he's got one of these new electric cars--at the time they were new. And he was very excited about it. I said "Well let's try it out." So I just grab his keys and we just go out. It's parked right in front and I start circling the South Lawn. The secret service, they were "No matter what you do, do not let him out." And they were pretty upset.
Jimmy: They call you a renegade, right? because you're tooling around in an electric car, topping speeds of 30miles an hour. 
Obama: I think we had 35.
Jimmy: If you have to go to the dentist, do you go to the dentist?
Obama: No. Dentist comes to me. 
Jimmy: Dentist comes to you. Do you have the chair and tools and...? 
Obama:  We got the whole chair and everything is all there set up. 
Jimmy: Everything is there?
Obama: Yeah in the basement. I didn't know. I showed up and I said, eh you know "I think I've got a cap that's loose." "Sir. Here we are."
Jimmy: Do you reset the clocks with daylight saving time?
Obama: No. Somebody else does that for me.
Jimmy: Somebody does that for you. Will you get rid of daylight saving time? Or at least, get rid of the part where we have to wake up earlier. You can leave the other one.
Obama: See this is a California thing 'cause you guys are always getting the Sun. In East Coast, you don't mind losing that hour because that's the signal that spring is here.
Jimmy: We only care about ourselves.

I mean I could but I don't. いややろうと思えばできるけど、私はしないね。
「夜中にパンツ一丁でキッチンに行って何か食べたりするの?」という質問に対しての答えでした。
I could go to the kitchen in my underpants but I don't. ということですね。

If you wanted a sandwich in the night, would you have to wake someone up?
夜中にサンドイッチ食べたかったら、誰か起こして作ってもらうの? 
仮定の話なので、wantedと過去形になり、さらにwould youという聞き方になります。
これに対するオバマさんの回答は、いちいちサンドイッチのために人は起こさないし、冷蔵庫を勝手に開けて食べることはできる、というものでした。

そこまで縛られた生活はしてないことはなんとなく予想できるけど、聞きたくなる気持ちはわかりますよね^^
私も皇室の人が勝手に冷蔵庫開けて食べたりするのか、気になります 笑

It's been awhile since I cooked. 料理をしてからしばらくになる→料理は久しくしてない。
It's been awhile(since~):(~してから)しばらく経つ
since以下は省略されて、単にIt's been awhile.と言うことも多いです。

How long has Josh been working for you?
ジョッシュを雇ってからどのくらいになる?
Eh, it's been awhile.
うーん、しばらく経つね。

あとはメールなどで、「久しぶり!」という感じで割とカジュアルにIt's been awhile.と書くことが多いです。

I cannot drive. I mean I'm able to drive. 運転はできません。いや運転自体はできるけど。
助動詞canには「可能」「許可」の意味があります。
I cannot drive.つまりセキュリティー上の理由で、「運転することが許されていない」という許可の意味で言ったのに、みんな「可能」の意味でとらえて「え、免許ないの?」みたいな空気になって、オバマさん慌ててI'm able to drive.と言い添えてます。

そこで、ジミーがすかさず、出生証明書問題を持ち出して、
Is this because you don't have birth certificate?
出生証明書がないから(免許取れないの?)
と突っ込みます。

それにオバマさんも乗っかって、「ケニアでは左側通行だからね」^^
実はケニア生まれという陰謀論にからめたボケでした^^


They call you a renegade, right? because you're tooling around in an electric car topping speeds of 30 miles an hour.
電気自動車で時速50kmで走り回ってるだけで、反乱分子扱いなのですね。 
tool around: 車で目的もなく運転を楽しむためだけに走り回る。ドライブする。
ちなみに、Renegadeはシークレットサービスが使うオバマ大統領を指すコードネームでもあります。
オバマ家は頭文字Rのコードネームで、ミシェル夫人はRenessainceです。

ともあれ、オバマさんの自由な行動にSPはかなり焦ったようですね^^;

"No matter what you do, do not let him out."
「どんな手を使ってもいい、絶対外に出すなよ。」

I showed up and I said, eh you know "I think I've got a cap that's loose" "Sir, here we are."
(言われた場所に)出向いて、「詰め物がとれそうなんだけど」って言ったら、「こちらです」って。 
show up:(約束・予約などで)出向く、来る
turn upも同じような意味です。たとえば、約束の場所に来なかった場合、
He didn't show up. とも
He didn't turn up. とも言えますし、
He did a no-show. という言い方もあります。

オバマさんもホワイトハウスの地下に歯医者の設備があることを知らずに、show upしたら、そこに椅子や機材やら何から何まであった、と。

"Here we are" はつまりは"We are here"ですから、「目的地に着きましたよ」という意味です。
ここでは"We are here at the dentist."「もう歯医者さんにいますよ」という意味になりますね。 

Will you get rid of daylight saving time or at least get rid of the part where we have to wake up earlier? You can leave the other one.
夏時間廃止になりませんか?せめて早起きしないといけない方だけでも廃止に。もう一つの方はそのままでいいですから。 
これはサマータイムのない日本ではわかりづらいと思います。
私の住むNZでもDaylight Savingはあるので、わかるんですが、アメリカだと春先の3月第2日曜日に時計を一時間早めます。すると必然的に日の入り時刻が昨日までは午後6時だったのが今日は午後7時というように、遅れるので、一気に一時間も日が長くなるんです。ジミーの言う早起きしないといけない方というのは、この3月の時計合わせです。携帯のアラームだと自動で変わりますが、目覚まし時計を使っている人は時計合わせを忘れると遅刻してしまいます。まあ日曜日だから害は少ないですけどね。反対に11月になると、今度はサマータイムの終わりなので時計を元に戻します。つまり空白の一時間が生まれるのです。本当にこっちの方は、いいもんです。時計を戻した日は、ことあるごとに時計を見て、「え?まだこんな時間?ニヤニヤ」という光景があちこちで見られます。

私は個人的にサマータイムは「・・要る?」という感想です。
うちは小さい子がいるのですが、夜9時半くらいまで明るいから寝ないんですよ!
だって小さい子供は時計読めませんから、いきなり1時間早まったところで、幼稚園に行くにも起こすのが一苦労という・・そして夜は寝ない!なんというかほんとに誰のために苦労しているのかわからないという感じです。
計画性のある人はサマータイムに向けて2週間くらいかけて、寝る時間を早めるらしいと聞いて、やってみましたが、うん、まあ、体内時計ってね、すごくよくできてるんです 笑 寝かしたところで寝やしない 泣

と、まあそんな感じなので、ジミーの言いたいことはものすごくわかるんですが、オバマさんは日照時間が短い東海岸の人の身にもなれ、と諭すのでした。実際NZでも農家の人なんかは作業時間が増えるのでありがたいそうです。 

***

いかがでしたか?
オバマさん、任期を終えたら少しはゆっくりしてもらいたいですね。

それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
 

Seth Meyers(セス・メイヤーズ)は、今はLate Nightという深夜番組の司会をしてますが、
もともとNBCテレビのSaturday Night Live(SNL)という人気お笑い番組のチーフ構成作家をしていた人です。
SNLでは、おなじみのメンバーに毎週セレブが一人ゲスト参加して、オープニングのトークをやったりコントをやったりするのですが、ジェニファー・ローレンスは2013年に出演しています。

動画の概要
SNLに出演したジェニファー・ローレンス。リハは1週間。構成作家のセス・メイヤーズを好きになってしまったジェニファーは、電話番号を渡そうと画策するのですが、衣装さん(a wardrobe lady)の言葉に玉砕されてしまうのでした。 さて衣装さんの言ったこととは?

この動画をつかったリスニングの鍛え方
①動画を見る前にボックス内の単語の意味を確認
②トランスクリプトなしで動画を見て、リスニング力をチェック。
③トランスクリプトを読みながら、動画を見る。
④理解できたか下の解説を読んでチェック
⑤動画が気に入ったら繰り返し見る。
しっかり内容を理解してから動画を繰り返し見ることで、
英語を英語のまま聞いて理解できるようになります。

この動画の単語
have a crush on~:~に恋愛感情を抱く・片思いする 
ask~out:デートに誘う  delusional: 妄想癖のある
work out:うまくいく  humiliation: 恥をかくこと
contend: 強く主張する
celebrity crush:芸能人などをTV等で見て恋愛感情を抱くこと
get carried away: 調子に乗って我を忘れる
predator: 捕食動物・略奪者  
hit on~:(口語)~に言い寄る・口説きにかかる




Jennifer: So, you have..you probably know this by now 'cause I told everybody at NBC, but um years ago, I did SNL.
Seth: Yes, you were a wonderful artist.
Jennifer: You were working there. I don't know what you did.
Seth: It didn't come across over the course of full week what I did there?
Jennifer: No. I had a really big crush on you.
Seth: Ok.
Jennifer: Yes. And so I had this whole plan, like all week I was like "He's gonna ask me out. He's totally gonna ask me out." No. And then later in the week, I was like "I'm gonna ask him out. Like, he's surely..", 'cause I created the romance in my head 'cause I'm delusional.
Seth: Ok.
Jennifer: And so I was like, "Ok, you know what? I'm doing it. I'm doing it." And so getting the costume fitting I had this whole plan I was gonna ask you out. I started to, thank God, I talked to a wardrobe lady about it and I was like "I think I'm gonna ask Seth Meyers out. I'm gonna give him my number." and she was like, "Honey, he's engaged."  I was like, "Cool! Good talk!" But it was so long ago that I feel like I can tell you.
Seth: Yeah, it is...it's safe because it worked out. I married that lady.
Jennifer: Yes you're married. Now it's safe. You walked away.
Seth: So...eh, cheers to how everything worked out.
Jennifer: Cheers. Cheers to...my humiliation, I guess. This feels great. That's the greatest thing I've ever done cheers. I'm happier without you!
Seth: You probably...My wife would contend you probably are. Do you eh...have you had any other celebrity crushes? you obviously meet a lot of people.
Jennifer: Yeah, I gave Larry David (70才近いおじいちゃんコメディアン)my number. He never called me. I texted Amy(Schumer) actually the other night 'cause I was drinking wine and I wrote to her when I was watching Curb Your Enthusiasm(Larryのコメディ番組) and said "I have so many sexual and boyfriend, marriage feelings for Larry David I feel like I'm gonna be sick"
Seth: I'm feeling a little bit less awesome about the crush.
Jennifer: Don't. You guys have something special.
Seth: Eh so, you gave Larry David your number.
Jennifer: I gave him my number but he never called me but he also might have been married. I don't know. Apparently I don't ask about these things. I'm so not that girl. If somebody's married or there's boyfriend...boyfriend? If they're gay. No I mean like I would never go after another woman's man. I always forget about the step one: find out if he already has a woman. I get so carried away and already go into the delusion of "Oh my god, we're in love!" 
Seth: So basically I think it's eh..if anyone meets you, the first thing they should do is out loud say like "boyfriend" "girlfriend"
Jennifer: You weren't wearing an engagement ring.
Seth: I was not. You don't. They should though. Guys should have to wear one.
Jennifer: Oh my god. I'm like a predator! You were my victim.
Seth: When you move into a neighborhood, you have to go door to door and be like "Hi I'm Jennifer Lawrence. I don't ask if you're available"
Jennifer: "I accidentally hit on your husband. I'm sorry I didn't know."

***
というわけで、セスは当時もう婚約していたのですね。その後、その婚約者、人権弁護士のAlexi Asheという美しい女性とめでたく結婚し、昨2015年に男の子が生まれました。 


I was like "I'm gonna ask him out, like he's surely..."because I created the romance in my head because I'm delusional.
 「こっちから誘おう。絶対にOkしてくれるはず・・」って、私妄想癖があるから、もう頭の中でロマンスのストーリーが出来上がっちゃってたんです。
みんなやりますよね^^
セスともう頭の中では付き合ってることになってたので、間違いなくOKしてくれると思っていたと。
delusionalは「思い込みが激しい・妄想癖がある」という意味で、たとえばストーカーになっちゃうタイプの人なんかはまさしくdelusionalです。


I'm feeling a little bit less awesome about the crush.
その気持ちに対するうれしさがちょっと減った。 
Larry Davidはこんな感じの人です。
larrydavid
(http://www.eonline.com/news/772663/larry-david-s-curb-your-enthusiasm-returning-to-hbo-for-season-9-this-is-pretty-pretty-pretty-cool)

このCurb Your Enthusiasmはラリーが自分自身をモデルに脚本・主演している人気番組で、その中でトラブルに巻き込まれてばかりのおじいちゃんを演じています。この番組はかなり長く続いていてもう第7シーズンになる人気番組です。
セスとしては、ラリーデイヴィッドと同じカテゴリに入ることへの心理的抵抗がうれしさに水を差したのでしょうか 笑
I'm so not that girl.
私ほんとにそういう(略奪するような)女じゃないの。 
soをnotの前につけて強調するのって、子供がよくやる気がします。

Did you break the dish? あんた、お皿割ったの?
It was so not me! 絶対ボクじゃないよ!

I had an ice cream. アイス食べちゃった。
That's so not fair! 超ずるい!

I get so carried away and already go into the delusion of "Oh my god! We're in love."
私すぐに盛り上がって妄想の世界に入るから。「私たち付き合ってる!」って 
get carried awayは「調子にのる・興がのる」というような意味です。
英英辞典では、"to become overly excited or involved and to take things too far" となっています。

たとえば、パーティを企画しているときに、興がのってあれもこれもやろうという感じになったとき、

"We don't want to get too carried away. We've only got a limited budget, remember?"
あんまり盛り上がりすぎるなよ。予算は限りがあるんだからな

というような感じで使います。

You weren't wearing an engagement ring.
婚約指輪してなかったでしょ。
I wasn't. You don't. They should though. Guys should have to wear one.
 してなかった・・って普通しないでしょ。でもするべきだよね。男も婚約指輪するべき。

こういうyouの使い方も慣れるまで違和感がありますよね。
youは「あなた」だけじゃなく、「一般的な人」も指します。
ここでは、セスはyouで男性一般を指してます。だから、ここではYou don'tはGuys don't normally wear an engagement ringという意味で言ってるんですね。

***

ジェニファーは一歳上のニック・ホールトと別れてから、14歳年上のコールドプレイのクリス・マーティンとも付き合ってました。セス・メイヤーズも17歳年上、ラリー・デイヴィッドに至っては44歳上ですから・・年上の男性が好きなんですね。共通項としては知的かつおもしろい人というところでしょうか。なんとなく外見も共通の何かがあるような。でもジェニファーと付き合うのは大変そうですよね。彼女と付き合うとどんな目に合うかは関連記事をどうぞ 笑

関連記事:ジェニファー・ローレンス彼氏の携帯を乗っ取って勝手に悩み相談

それではまた!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

以前の記事で、BBC radio New Comedy Award 2015で優勝した英在住日本人こたにゆりこさんのスタンダップを紹介しました。

BBCラジオ新人賞受賞!イギリス在住日本人女性のスタンダップ・コメディ


最後に同じコンペティションで決勝に残ったKen Chengのスタンダップも紹介したのですが、字幕がイマイチ正確ではありませんでした。自動生成の英語字幕だと、ネイティブの発音でも早口だったりするとおかしなことになってしまうんですよね。この人はただでさえ癖のあるしゃべりかたなので、字幕はもうわけわかんないことになってます^^;
しかし、このスタンダップがあまりにも傑作すぎるので、このままにしておくのはもったいないと思いまして、トランスクリプトをつけてみました。アクセントがあるのでリスニングには向かないかもしれませんが、読み物として楽しんでいただければと思います。理解しやすくするために和訳もつけたいと思います。

テーマは「一石二鳥ということわざについて」です。

"Killing two birds with one stone"と言って、一石二鳥と同じ意味です。由来が同じ中国伝来のフレーズなのでしょうかね。
それからややネタバレですが、オチを理解するために、このフレーズも覚えておいてほしいのですが、
"A bird in the hand is worth two in the bush"
「手の中の1羽は林の中の2羽の価値がある」
これは「明日の百より今日の五十」という訳になるようですが、獲るのが不確実な獲物よりも、たとえサイズが小さくても今実際に手に持っている獲物のほうが二倍の価値があるということで、つまり欲張って二兎を追うもの一兎をも得ず状態になるなよ、ということわざです。

では、それを踏まえまして、動画を見てみましょう!
 
I'm gonna be talking to you about the phrase "To kill two birds with one stone."
「一石二鳥」という言い回しについてお話しします。
We've all heard it. 
みんな聞いたことはあると思う。
I have some issues with this phrase.
私はこの言い回しに関して問題を抱えています。
Firstly, who is going around throwing stones at birds?
第一に、鳥に石を投げるやつなどいない。
If you're going around killing birds with stones, you have issues.
鳥に石を投げて殺しているとすれば、あんたは問題を抱えている。
If you're going around killing birds with stones so often that you need a more time-efficient way of doing it,
鳥に石を投げて殺すということをしょっちゅうやるので、もっと時間的に効率のいいやり方を模索しているなら、
that is an obsession.
もはや病的だ。
We're using the phrase wrong.
この言い回しの使い方も間違ってる。
We use it when we've found an easy way of doing two things at once to save time.
みんな、時間を節約するために2つのことを簡単に一度でやってしまえる方法を発見した時に使っている。
Killing two birds with one stone isn't easy.
2羽の鳥を一つの石で殺すことは・・簡単じゃない。
Just take the physics of it.
物理的に考えてみろ。
You're gonna have to hit the first bird, hard enough already, and then either the stone or the deseased bird is gonna have to recochet onto the secondary bird.
まず一羽目の鳥に命中させる。この時点ですでに難しいが、その後、投げた石、もしくは死亡した鳥が流れ弾となって、2羽目の鳥に命中しなければならない。
That's not a one stone job.
石を一つ投げたところですぐできるものじゃない。 
If anything, you're gonna miss a lot more birds than if you're just trying to kill one bird.
なんなら一羽だけ殺すことを目標とする場合よりも、より多くの鳥を逃すことになる。
We should be using the phrase when you try to do two things at once but it backfires horrificaly.
この言い回しが使われるべきは、2つのことを一度でしようとして完全に裏目に出たときだ。
For example, washing your reds with your whites.
たとえば、白い洗濯物を赤いのと一緒に洗う。
You thought that would save your time, but instead you screwed yourself there.
時間の節約と思ったんだろうが、やっちまったな。
Now, you have to play cricket in pink.
次のクリケットの試合はピンクのユニフォームで出場だ。
That's what South African team did back in 2011.
南アフリカのクリケットチームが2011年にそれをやった。
They claimed it was for breast cancer awareness,
乳がん撲滅キャンペーンのためだと称していたが、
when really they were just trying to kill two birds with one stone.
実は一石二鳥を狙っただけだった。
I'm not done yet.
まだ終わりじゃない。
Now, you might think it was dated reference for me to use, and quite incongruous for someone who obviously doesn't know anything about cricket.
さて、今のは随分と古い例だと思ったかもしれない。それにクリケットを知らない人には受けない話だ。
See, what I did there was I typed the phrase "play cricket in pink" into Google.
実はグーグルで「play cricket in pink」を検索した。
That's what I do if a certain basis is not quite good enough yet and I need to pat out my routine.
論拠が不十分でネタを練らないといけないときには、俺はググる。
Also, I'd like to add another research to my standup so we all learn something along the way.
そうやってリサーチを反映させれば私のスタンダップを聞いて皆さん何か学べますよね。
Essentially, I derived two benefits from one singular action.
要するに、一つの行為から二つの利益を得たわけです。
Now, you might be trying to think of some loopholes to make killing two birds with one stone easier.
さて、2羽の鳥を1つの石で殺す、これをより簡単に達成するための抜け穴を考えようと思うかもしれません。
One loophole you might try: Siamese birds.
一つの抜け穴は、シャム鳥(奇形による双頭の鳥)
Fair enough, as they do exist. 
いいでしょう。たしかに実在しますから。
They found a couple back in Arcansas in 2008. 
2008年にアーカンソー州で一組が発見されています。
However, if your strategy is the way around to source conjoined twin birds, that is equivalent to going to a bar and wait for siamese twins to show up if you're trying to have a menage a trois.
しかし、双頭鳥を捕まえる策があると言うなら、それはバーに行って双頭双生児が来るのを待ち、メナージュトロワ(三角関係の男女が同居すること)を達成するというのに相当します。
No effective strategy.  Threesome already quite difficult to obtain.
有効な戦略などない。三角関係とは非常に達成の難しいことだ。
You're gonna have to attract one partner, hard enough already, then the sexual attraction is gonna have to recochet onto the secondary partner.
一人のパートナーを魅了し、その時点ですでに困難だが、さらにその性的魅力が流れ弾となって、2番目のパートナーを魅了しなければならない。
I don't know how sexual attraction works, but I do know projectile physics. 
性的魅力の原理は知らないが、弾道の物理原則は知っている。
And I assume they are the same.
どちらも同じようなもののはずだ。
Anothe loophole you might ask: what if it's a pregrant bird.
ほかの抜け穴としてあなたがたが考えそうなのはこれだ「鳥が妊娠してたらどうだ」と。
Well then you're moron bacause birds don't get pregnant.
あんたは馬鹿だ。鳥は妊娠しないだろ。
However, let's indulge the idea for a second.
とはいえ、もう少しその路線で考えてみよう。
Let's say a bird were clutching an unborn egg and you kill both the bird and the egg. Does that count as killing two birds with one stone?
もし鳥が生み出す前の卵を腹に抱えていたら、その鳥と卵を両方殺すのは2羽の鳥を1つの石で殺すことに相当するのか。 
Debatale. It's a gray area.
議論の余地あり。そこはグレーゾーンだ。
Sounds like it's pretty hard to define when life starts for a bird.
鳥の生命がどこから始まるのかを定義するのは複雑な問題だ。 
Some say it's when the egg is fertilised. Others say you don't count them until they've hatched.
受精卵となった時だという主張もあれば、孵化するまで生命と見なさないという主張もある。
That is a slogan for Avian ProChoice Campaign by the way. 
後者は鳥類プロチョイスキャンペーンのスローガンだ。
プロチョイスキャンペーンは中絶権利擁護キャンペーンです)
For the Avian Pro-life campaign their slogan is simply "The life starts as egg"
鳥類プロライフキャンペーンのスローガンはシンプルで「生命は卵から始まる」
(プロライフはプロチョイスに反して、中絶反対)
Fair enough, two sides to every argument as they say.   
わかります。「いかなる問題も2つの側面を持つ」と言いますから。
It's not my place as a non-bird to publicly debate what's primarily a bird issue in the company of exclusively non-birds.
非・鳥類である私が、一義的に鳥類の問題であるテーマを公の場で、非・鳥類に限定したメンバーと議論することは公正とは言えない。
Finally, there is one good loophole i've thought of. 
最後にいい抜け穴を思いついたので紹介します。
It's when you've seen a bird in the bush. 
それは林の中の鳥を見つけることです。
You grab that bird, place it in your hand and now it's worth double. 
その鳥を掴み、手に入れます。するとその鳥は2羽の価値があることになる。
So you bash it with a stone,
そこで石でやっちゃいます。
And then ladies and gentlemen, you have killed two birds with one stone.
すると、2羽の鳥を一つの石で殺したことになります。おあとがよろしいようで。
 
いかがでしたか?
え?どこがおもしろいの?と思ったとしましたら、それは私の日本語訳のせいでございます・・。
コメディーを翻訳するというのは・・無理ですね。
おもしろさが伝わらなかったら、ぜひ英語のトランスクリプトを読み込んでからもう一度動画を見てください。
日本語を介さないほうが伝わりやすいと思います。


それでは、また!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
 

 

Jack Whitehall(ジャック・ホワイトホール)はイギリスの人気コメディアンです。
彼は、ものすごいディズニー好きで、「アナ雪(原題:Frozen)」に、セリフが1行のトロル役での出演オファーがあったときも、大興奮でOKしたのだそうです。ですが・・、ちょっと切ない結末になってしまったようです。

★動画の概要★
Graham Norton Showより。出演はジャック・ホワイトホール、ユアン・マクレガー、F1レーサーのルイス・ハミルトン。
アナ雪に1行のセリフで出演したジャックのlet it go(水に流す・忘れる)できない悲しい話。

この動画をつかったリスニングの鍛え方
①動画を見る前にボックス内の単語の意味を確認
②トランスクリプトなしで動画を見て、リスニング力をチェック。
③トランスクリプトを読みながら、動画を見る。
④理解できたか下の解説を読んでチェック
⑤動画が気に入ったら繰り返し見る。
しっかり内容を理解してから動画を繰り返し見ることで、
英語を英語のまま聞いて理解できるようになります。


★この動画の単語★
franchise: シリーズものの映画、グッズや本などタイアップ収益の大きい映画 
sign up(動): 契約する  nail(動):完璧な出来でやってのける 
press junket: 映画のプロモーションの一環で行うインタビューなど
pop on(動):~(帽子やコートなど)を身に着ける 
Odeon: イギリスの映画館 premiere: プレミア試写会  
icy dagger: 氷のナイフ  heckle(動):やじる

 
Graham: Talking of joining big franchises, were you very nervous, Jack Whitehall, joining a big Disney franchise like Frozen?
Jack: hum..yes, so, Frozen... I was very excited when the call came in, 'cause I'm a massive Disney fan. And Frozen called me up and thay said, "We're making this film, and we'd love you to be a part of it" I was like, "Yep, sign me up. Which princess am I playing?"
Um, I played a troll in the film. I had one line in the film, but I was like "Yeah I'd love to do it." I learned my line, and I went in and I absolutely...I'm not...
Ewan: Nailed it.
Jack: I nailed it. I absolutely nailed it. It was so good. And then, I told everyone that I was in Frozen. I did the press junket in front of the poster. I was so excited. And then 6 months later, I popped on the black tie and went down to the Odeon in Putney. It wasn't a premiere. It was a mistake. I watched the film, got to the end and the line wasn't there. So I called my agent. I was like, "There must be some kind of mistake. This must be some different director's cut that I've seen," and she went, "Oh no I forgot to tell you. I got an email about this. They said they have reduced your part in the film to a non-speaking roll." In an animation! 
The worst thing is it becomes the biggest film ever. I love the film. Everytime I watch it it's like getting an icy dagger into my heart, and the song as well is like they're heckling me. "Let it go" "No! I won't!"
Graham: Is your character still in it? 
Jack: Yes you can see the character and it goes to open its mouth and then it cuts out! Loki, the troll. He even had a name...

★日本語訳★
グラアム:大作映画に参加すると言えば、ジャック・ホワイトホール、ディズニーの大作「アナと雪の女王」に参加したときは緊張した?
ジャック:あー・・うん、まあその、アナ雪ね。すごいワクワクしたよ、電話をもらったときは。僕ディズニー映画の大ファンだから。アナ雪の制作から電話をもらって、「今こういう映画を作ってるんだけど、出てほしい」って言われて、僕は「はい契約お願いします。どのお姫様役ですか?」
まあ、トロルの役で出たんです。セリフは1行。でも「喜んでやらせていただきます」っていう感じで、セリフを覚えてスタジオに行って、まあ完璧に・・いや自慢するわけじゃないけど・・
ユアン:すばらしい出来だったのね。
ジャック:すばらしかったんだよ。ほんと完璧な。すごく良かった。それで、みんなにもアナ雪に出たんだって言って、プロモーションのインタビューもやったよ。ポスターの前に座ってさ。すごい興奮してた。で、半年後、黒ネクタイを締めてパットニーのオデオン(映画館)に行ったのさ。いや、プレミアだと思ったら間違いだったんだけど。映画を見て、終わりまで行きました。僕のセリフがなかった。僕はエージェントに電話して「何かの間違いですよね。僕が見たのはディレクターズカット版か何かでしょ?」 そしたら、「ああ、言うの忘れてた」って。「メールが来てたんだった。あんたの役だけど、しゃべらない役に格下げだって」いや、アニメで!?
最悪なのが、結局映画は歴史的大成功でしょ。僕も大好き。だけど見るたびに氷のナイフが胸に突き刺さるんだ。あの歌も僕をやじってるみたいに聞こえる「Let it go~(忘れろよ)」「やだよ!」 
グラアム: 君のキャラクターは映画に出てくるの?
ジャック: キャラは見えるんだよ。でもしゃべろうとして口開けた途端カットなんだよ。トロルのロキ・・名前まであるのに・・。 

せっかくの出演が"Non-speaking roll"つまり「しゃべらない役」に格下げされてしまっていたのですね^^ 
アニメにしゃべらない役で出演・・残念ながら出演したとは言えないですよね。

***

では、表現をみていきましょう。
I popped on a black tie: 黒いネクタイを締めた 
popは口語だと、色んな場面で、そして色んな意味で使います。
単語のイメージを日本語であらわすと、「ちょいと」という感じです。
ジャックのように「黒いネクタイ、ちょいと締めて」とかpop outで「ちょいっと(短時間の)外出してくる」とか、そういうイメージで使うのですが、よく使うものを以下にまとめてみました。

pop out: 短時間出かける
I'm just popping out to get milk but will be back in 10 minutes.
ちょっと牛乳買いに出てくるけど、10分で戻るから。

pop in: 短時間寄っていく(約束なしにちょいと尋ねる)
John popped in about half an hour ago to give this book back to you.
ジョンが30分くらい前にちょっと寄って、この本を返して行ったよ。

pop into one's head: 考えなどがパッと浮かぶ
An idea popped into his head when he got out of his car.
車から降りたとき、彼の頭にアイディアが浮かんだ。

pop pills: 薬を大量に飲む
He is popping pills like candy.
彼は薬をキャンディーのように飲んでいる。

pop the question:プロポーズする
I popped the question last night, and she said yes!
昨日彼女にプロポーズした。Yesだって! 


There must be some kind of mistake. 何かの間違いですよね。
何かよくわからないけど、おかしい、というときに使う決まり文句です。

There must be some kind of misunderstanding. 何か誤解が生じてますよね。

The song as well is like they're heckling me. "Let it go" "No, I won't!"
 歌も僕をやじってるみたいに聞こえる。"Let it go(もう忘れろよ)" "やだよ!"

let (it) go: 根に持っていることなどを忘れる

I haven't spoken to my brother ever since he broke my PlayStation2.
俺のプレステ2を壊してから弟とは口きいてない。
Dude, how long ago was that? You should let it go.  
お前、それいつの話だよ。もう忘れろよ。



ちなみに、ジャックはpress junketまでやったと言っていますが、その映像、ディズニーチャンネルでなぜか見ることができます。non-speaking rollになったのに、なぜこの映像だけ残っているのか・・?

(0:22)から、「ホビット」のトロル役のオーディションを受けたけど、ピータージャクソン監督に、トロル役には向かないと思われて落ちた。今回見た目はだめでも、声ならぴったりだと思ってもらえたみたいで嬉しい、と言ってます。うーん。このあとの成り行きを知ってると、笑え・・いや、切なくなっちゃいますね。

 

それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ